【イタリア】水の都「ヴェネツィア 」に行くならこれだけは押さえてほしいこと!まとめ

どーも!

九州男児です!

イタリアに語学留学しようと1年前から計画していたのですが

無情にもキャンセルになったためにイタリアをどうしても観光したい一心から、来年8月に1か月間ほどイタリアをぶらり旅することにしました。

今回は、そんなイタリアの中でも誰もが知っている水の都「ヴェネツィア」についてサクっとまとめてみました!



水の都「ヴェネツィア」とは?

Χείρωνさん(@xeiron_)がシェアした投稿

イタリアの北部に位置した場所にあるアドリア海に面するイタリア4大都市の一つ「ヴェネツィア」です。

僕のイメージだと、ゴンドラで街の中の水路を優雅に進むことができるような街並みが思い浮かぶのですが、まさに街の中はそんな感じになってます。

ん、どこなの?

とピンっとこない人は、漫画「ONE PIECE」に出てきた水の都「ウォーターセブン」のシーンをイメージしていただくとわかりやすいですね。

引用元:http://onepiece.ria10.com

憧れのゴンドラクルージング

ヴェネツィアといったらゴンドラに乗らないと、始まらないですよね!

これは、もう絶対に乗っておきたい乗り物の一つです。

昔は、交通の要として市民の間では大変重宝していたものですが、今では観光用の乗り物として親しまれています。

サン・マルコ広場を散歩する

naokoさん(@naoko.zzz)がシェアした投稿

世界遺産にも登録されている、ヴェネツィアを象徴する美しい広場です。

ここの広場の周りには、博物館や寺院また宮殿といったみどころがたくさんあります。

連日多くの方が観光地として訪れている、大変有名な観光名所ですね。



世界最大の油絵を見に行く!

ヴェネツィアは、8世紀から18世紀にかけて一つの国家として健在していました。

その頃の名残が、色濃く残っている場所が「ドゥカーレ宮殿」です。

そこにある、「大評議の間」に描かれている絵が世界最大と言われている画家ティントレットの超大作「天国」です。

生でしか味わえない、その迫力を是非ともこの目で見て体感してみたいですね!

魚介の宝庫「ヴェネツィア」のマストグルメを食す

僕も2年前にイタリアのトリノで食べ歩きしたことがあるのですが、どこの飲食店に入っても食べ物が美味しかったです。

本当に、Buono!

意外に言葉が見つかりませんでした。

そんなイタリアの4大都市「ヴェネツィア」では、海の側ということもあり大変魚介類が美味しいと評判です。

特にヴェネツィアで有名なのが…

フリット・ミスト

引用元:http://www.nisshin.com

イカスミの料理

引用元:https://www.google.co.jp

ヴェネツィア風アンティパスト

引用元:https://fishand.tips/article/19465/

カニ料理

引用元:http://liberoyagi.exblog.jp

値段もそんなに高くなくとてもリーズナブルなので、是非とも食べ歩きしたいですね。

ヴェネツィアの手工芸品を愛でる

海洋貿易で栄えたヴェネツィアでは、異文化を取り入れることによって独自に手工業が発達しました。

今でも工房が多く残り、質の高い製品が生産されています。

ヴェネツィアのおみあげは、是非とも手工芸品を買って帰りたいですね!

ヴェネツィアンガラス

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/ヴェネツィアン・グラス

レース編み

引用元:http://www.huffingtonpost.jp

カーニバルマスク

引用元:https://www.travelbook.co.jp

まとめ

gtbさん(@gtbtravel)がシェアした投稿

ヴェネツィアには、「アックア・アルタ」と言われてる高潮の被害があるときがあります。

街が水につかるほどの高潮は、一番低い場所にあるサン・マルコ広場が浸かるほどの高潮です。

もちろん、観光客の靴が濡れないように通路が作られたりするらしいので、ご安心を。

それらも含めて、水の都と言われる「ヴェネツィア」に是非とも、行ってみたいですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA