海外で「仕事をしながら暮らす」を目標に

お元気でしょうか?

九州男児です!

海外移住を考えて「語学」「仕事」にフォーカスして自分でどこにいても稼げるスキルを身につけようと、今日も奮闘してたわけですが、

なんと今年からクラウドソーシングを利用してお仕事を受け持っていたWebライティングの1月から8月までの合計報酬額が100万円超えてました!

月収にしたら、約12万円程度だけどもコツコツやればチリも積もるように、実績も積もっていたことに少し感動です。




海外で暮らすために「語学力」は必要

短期的には、何度か海外に出向いていたのですがそれはあくまで「観光」としてだったので気分は遊園地にいく子供のような感じだったのですが、

僕の目標は海外で4〜5年ほど暮らしてみたいのが今の目標なので「暮らす」となると全く違ったことになります。

まず、必要だなと感じたのが「語学力」です。

以前、イタリアのトリノで飛行機の時間に間に合わず日本に帰れなくなったことがあるのですが、その時一人だったこともあり大変焦ったのを今でも覚えてます。

英語ができるかといったら、中学卒業程度もないぐらいだったのですごく冷や汗かいたのを覚えてます。

この時、僕一人だったこともありどれだけ英語がもっと喋れたらと思ったことか。。。。

やっぱり、ある程度は喋れないと海外では暮らせないと実感したので、今は英会話教室に通ってます。




日本人が海外で仕事するハードルは高い!?

日本はどうかわかりませんが、海外で仕事を探すには労力が必要ですし、そもそも働くためには「労働ビザ」が必要だったりします。そのため、

いざ仕事についたとしても「飲食店」や「清掃員」などの安月給で長時間労働の仕事の割合が多いです。

でも、今は情報化社会といわれるぐらいネットが普及してるので、Webで稼げるスキルがあればどこでも仕事をすることができる手段があります。

僕も、そのために今はクラウドワークスを活用したWebライティングの仕事をしています。

他にもWebサイト作成・Webデザイン・アプリ開発といった様々なWebでできる仕事があります。

海外に行っても自分で稼ぐスキルがあると、やっぱり便利ですよね。

どこの国の街で暮らすのかも大事

国や地域によっても、その暮らし方は変わってきますよね。

僕も今考えているのは、イタリア(フィレンツェ)・オーストラリア(シドニー)・カナダ(バンクーバー)あたりでしょうか。

その国によって物価も違いますし、街によっては治安も悪かったりするのでしっかりと暮らすを目標にしてるなら、

事前に行ってみて肌で感じて自分の目で直に見るのが一番良いかと思い、僕も短期で気になる国に行ってみたりしてます。

まとめ

「観光」目的では、よく行くけどまだ自分一人で暮らしたことがないので、

なんとも言えないですが現状特に必要だなと思えるのは、「語学力」「仕事」でしょうか。

しっかりと、日本にいる間にその2点を身につけておきたいですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA