みかん農家は儲かるのか?!年収や仕事内容などについてサクッとまとめてみた!

どーも!

九州男児です!

年末も近くなり、だんだんと忘年会シーズンとなってきましたね!

僕も明日は、忘年会なのですよん。

さてさて、今回は「みかん農家は儲かるのか?」という疑問についていつも通り、サクッと調べてみました。

僕の実家も代々みかんの専業農家です。

僕がちゃんと後継者として、後を継げば僕で3代目になりますかね…

そんな、みかん農家の年収や仕事内容について実際に体験している僕の声も踏まえて、まとめてみましたよ!

みかん農家は儲かるのか?

実際のところ、僕が経営しているわけではないのでお金の動きに関しては、アバウトな感じしかわかりません。

ちなみに、みかん農家の平均年収は以下のようなデータとなっております。

みかん農家の年収の平均は、653万円でした。

平均年収推移は646万円~660万円となっています。

【お給料(月収)】

約40.8万円

【最大年収】

1000万円以上

【みかん農家の年収算出方法】

139万円(みかん農家の10a当たりの収入)×23.5a(全国平均の一戸当たり経営耕地面積)=326万円、みかん農家で働く人数を仮に5人(家族経営)とすると3266万円÷5人=653万円

参照元:http://heikinnenshu.jp/farmer/mikan.html

年収としては、栽培面積もですが施設栽培でみかんを育てているか、にもよりますね。

僕の自宅も以前親父から

「1000万円以上はある」

と言われたことがあるので純利益としては、上記のような感じに近いと思います。

実際に、儲かっているのか?

と言われると

ん〜

と考えさせられる、数字ですが田舎なので生活には困らないレベルです。

地方だと物価も安いですし。

仕事内容はどうなのか?

みかんの栽培には、年中通して作業があります。

  • みかんの収穫作業
  • 木々の選定作業
  • みかんの消毒散布作業
  • みかんの摘果作業

とうとう、このほかにも細々とした作業が1年を通して行われています。

それに、施設(ビニールハウス)などで栽培されるみかんもあり、それらの品質と単価は高くなりますがそれに比例して労働力も大きくなります。

近年では、消費者のニーズや栽培環境に合わせて様々な栽培方法が生み出されています。

やっていて、死ぬほどきついワケではありませんがやっぱり、向き不向きはあると思いますね。

「脱サラして、みかん農家になりたい!」

とか考えている方は、まずは長年やってきているみかん農家さんの元で1年ぐらいアルバイトしてみた方がいいかもです…

まとめ

みかん農家に限らず、農業は「先行投資型」ビジネスなので一回の失敗がそのまま赤字となり、のしかかってきます。

リスクは、高めですがやりがいはきっとあると思うので興味のある方は、是非ともチャレンジしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA