スターバックス店員がおすすめする!美味しいコーヒー豆ランキングトップ5!

お元気でしょうか?
九州男児です!

コーヒー豆には様々な今では数え切れないくらいの種類があります。同じような品種の豆でも原産国や栽培の方法でもまったく違った味や香りになるコーヒー豆は一体どれがおすすめなのか?

といった疑問に答えるべく、今回はランキング形式でおすすめのコーヒー豆をご紹介していきたいと思います。是非とも今後、コーヒー豆を選ぶ際の参考にしてみて下さいね。




第5位 モカ

イエメンにある港町の名前からその名をつけられた「モカ」は、数ある銘柄の中でも最も古いコーヒー豆です。日本でも大変有名な豆でたくさんの方がリスペクトして飲んでます。

また、その特徴は酸味とモカ特有の香りと言われており、非常にバランスのとれた良い味わいとなってます。

第4位 ブルーマウンテン

誰もが一度は耳にしたこともある「ブルーマウンテン」は、あの缶コーヒー(GEORGIA)ジョージアにも使われている銘柄の豆です。この豆は世界最高のコーヒー豆としても呼び名が高く甘み・コク・香り・酸味等どれを取っても最高と言われている豆です。

また、ブルーマウンテンは生産量も大変少なく価格も高いのが特徴です。コーヒーを飲むなら一度は、是非とも味わってみたいですね。

第3位 ジャワ

インドネシアのジャワ島で栽培されたコーヒー豆です。インドネシアは、病気などに強い「ロブスタ種」の生産が多いのが特徴ですが、この「ジャワ」はアラビカ種です。そのため、大変希少なコーヒー豆といえるでしょう。

また、「ジャワ」の味の特徴としては、酸味が少なく苦味が強いのが特徴でコーヒー本来の苦味が好きな方には特におすすめのコーヒー豆です。

第2位 コロンビア

マイルドなコーヒーが味わいたいのなら、こちらの「コロンビア」がおすすめです。粒の大きさがコーヒー豆の中でも特に大きいのが特徴です。また、そのお味は豊かなコクとちょうど良い酸味と独特の香りが特徴でしょうか。

日本でも缶コーヒーCMでお馴染みの「エメマン」が有名ですよね。「コロンビアコーヒー」と呼ぶよりも「エメラルドマウンテン」といった方が分かりやすいですね。日本でも馴染みの深いコーヒー豆です。

第1位 ブラジルサントス

品質が高く最もリーズナブルな値段で買えるのが、この「ブラジルサントス」です。そのお味は、適度な苦味と酸味があり、まろやかな口当たりと香りの高さが特徴的です。

また、生産地でもあるブラジルでは今ではコーヒー豆の生産量は世界一です。最近では、消費量もアメリカに次ぐ世界で二番目にコーヒーが飲まれている国でもあります。

そんな、本場ブラジルのコーヒー豆の中でも高級な部類に入る「ブラジルサントス」は、日本でも大人気のコーヒー豆です。

まとめ

ここでご紹介した豆は、料理学校時代にすべて飲み比べてみた経験があるのですが、はっきり言って僕的には「コロンビア」が一番飲みやすかったです。

味の好みは、人によって違ってくるのでなんとも言えませんが、今回ご紹介したコーヒー豆はそのほとんどが日本で飲まれているものばかりです。

缶コーヒーとかもほぼ、ここで紹介したコーヒー豆使ってますし。

是非とも今度コーヒーを飲むときは、どの豆を使っているのか?とか、気にして飲んでもし気になったのがあったら買ってみてはいかがでしょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA