九州男児(管理者)のプロフィール
WORK

【快適!】東京で治験のバイトをして分かったメリットとは?

TAKUMA
TAKUMA

こんにちは!今回は、治験バイトの体験談を”8110″さん(男性)に書いて頂きました。

これから参加しようと考えている方は、是非とも参考にしてくださいね!

治験バイトについて全く知らない方は、こちら!

あなたは治験のバイトを受けたことがありますか?

正確には「治験ボランティア」と呼ばれる、新薬のテストに協力するボランティアですが、参加者には謝礼が支払われます。

通院タイプから入院タイプ、持病を抱えている方に向けたものなど内容は多岐に渡りますが、私は今までに謝礼が多い傾向にある入院タイプの治験に複数回参加してきました。

そこで今回、東京で開催された治験のバイトに参加して分かった、メリットをご紹介いたします。

これから治験のバイトに参加しようと考えている方は、ぜひ参加前に参考にしてみてください。

東京都西新宿の治験バイトに参加

今回、私が参加した治験は東京都西新宿で行われるバイト。

都営大江戸線西新宿駅で下車し、地上に出てから5分ほど歩いた場所にある施設で行われました。

治験が開催される場所によっては駅から20分以上も歩かなくてはいけないケースもありますが、こちらの施設は交通の便は良い部類に入るでしょう。

そして結論からお伝えしますが、こちらの施設は治験を行う病院の中でも、特に快適に過ごせる病院です。

感じの良い看護師さんばかり!

治験のバイトとは具体的に、新薬を投薬され、その後の経過を見て薬の効果や軽度の副作用が発生しないかチェックする内容です。

例えば薬の中には発熱を抑えるために副作用として血圧が下がるケースや、眠くなる作用が含まれているケースもあります。

そういった副作用が従来の薬と比較した際に抑えられているのか、薬の効果を総合的に判断するために行われるのです。

もちろん、投薬される薬の種類によって治験の内容は異なりますが、その辺りは事前検診の段階でしっかりと説明してもらえます。

そしてその薬の反動や効能をしっかりと確認するために、治験参加者のお世話をしてくれる看護スタッフの方々がどの施設にも必ずいます。

東京の看護スタッフの方々は非常に感じが良く、愛想の良い女性ばかりでした。

採血の際にも何気ない世間話を振ってもらえることもあれば、声のトーンも聞き取りやすくついつい長話をしてもらうこともあるほど。

入院試験の場合には数日滞在しなければいけなくなりますので、看護スタッフの方々の印象は意外にも重要です。

その点、こちらの施設では治験参加者が快適に過ごせるための人材が揃っていると言えるでしょう。

設備が充実している

そして、治験バイトの参加者が快適に過ごせるための設備も充実している点が高評価でした。

Wi-Fiが使い放題ですので、PCを持ち込んで一日中触っていられます。

昨今では携帯ゲーム機でもネット環境を必要とするケースも見受けられますが、こちらの施設ではネット環境に困ることはありません。

また、病院内の廊下には大量の本棚が設置されていて、漫画も多数用意してあります。

治験バイトの参加者が退屈しないように用意してくれていますので、退屈しのぎの用意をし忘れてしまっても問題はないでしょう。

その他にもウォーターサーバーが使い放題、洗濯までできるよう配慮してもらえます。もちろん3食お風呂付きです。

投薬のタイミングや採血の時間には多少は拘束されますが、それ以外の時間は病院を出なければ自由行動ですので、この環境で過ごすだけで謝礼がもらえると考えると非常に魅力的ではないでしょうか。

治験バイトでいくらもらえたの?【まとめ】

東京都西新宿の治験バイトに参加して分かったメリットをご紹介いたしましたが、具体的にいくらくらいの謝礼を受け取れるのか、気になる方は多いのではないでしょうか?

謝礼の内容は治験バイトを開催する病院によって若干異なります。仮に同じ3泊4日でも、病院が違うともらえる金額も違うのです。

私が参加した治験バイトは3泊4日を2回行うタイプの入院試験で、合計6泊8日拘束されたことになります。

それで13万円ほど受け取れましたので、日給として換算するとかなり高額ではないでしょうか?

一般的なアルバイトではこれほどのお金を稼ぐことはできませんし、正直治験のバイトは参加している最中、大変な思いをすることはほぼありません。

ただベッドの上で好き勝手に過ごし、たまに薬を飲んで血を取られるだけでお金がもらえます。

メリットばかりですので、ぜひこちらの記事を参考に、東京の治験バイトに参加してみてくださいね。

TAKUMA
TAKUMA

こちらの方は、東京で参加されたようですね!

僕が受けた九州の治験施設でも看護師さんの対応が神対応のだったので、治験に関してはそのような施設が多いようです。

治験についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください