九州男児(管理者)のプロフィール
WORK

【元自が語る】自衛官におすすめの転職先とその方法について解説!

こんにちは、元自衛官のTAKUMAです。

自衛官をやっていると、

  • 曹階級に長年昇任出来ないで不安…
  • パワハラが酷くて辞めたい…
  • 職場が合わない…
  • 長年自衛隊に居るけど、これから先どうしていいのか分からない…
  • これといって、目標がない…

といった、悩みをお持ちの方が多いと思います。

しかし、勇気を持って一歩を踏み出したいけど、次の仕事のアテがなく不安だ…

そういった方のために、今回は自衛官におすすめの転職の方法をまとめてみました。

実際に、私も元自衛官で転職した身なので貴方の気持ちは痛いほど分かります。

しっかりと、考えて今後の方向性を決めていきましょう。

自衛官が退職する主な理由

自衛官の退職する理由として、以下の項目が多いです。

  • 自衛隊が向いてない
  • 人間関係に疲れた
  • 仕事が辛い
  • 給料が安い
  • プライベートがない
  • 任期満了で更新せず

実際に、私が居たのは航空自衛隊だったので他の陸自や海自はまた状況が違うかもしれませんが、上記の項目については完全に空自も同じことが言えます。

しかし、自衛隊の中にも多くの職種がありその職種によっても楽だったりキツかったりする職場があるので、一概に全てが悪いとは言えませんね。

また、Twitterでは以下のようなツイートも見受けられました。

自衛官の給料については、以下の記事で詳しくご紹介してますが初任給だと手取りで15万程度です。

それを多いと見るか、少ないとみるかは貴方次第ですがあくまでも「国家公務員」なのでその権威性はとても強いですよね。

私が自衛隊を退職した理由

私が退職してもう、5年以上経ちますがその理由としては「人間関係に疲れた」ためです。

もともと、私の性格上あまりコミュニケーションが得意ではなかったので、自衛隊という団体生活に慣れなかったのも大きな要因でしょう。

ただの憧れや、思い付きで入隊すると痛い目を見ることになりますし、一番後悔したのはやっぱり自衛隊内の職種についてしっかりと知らなかったことも致命的でした。

もっとしっかりと、それぞれの職種の現場の状況を知っていたら、また違った道があったかも知れませんね。

「自衛官は資格が取れる」は間違い!?

一般人
一般人
自衛官だったら、資格とかいっぱい取れるんじゃないの?

このような考えを持った方は、大変多いようですが実際には資格は全ての自衛官が取れるわけではありません。

そりゃ、大型免許や国家資格などを持っていれば退職した際に有利に働きますが、資格を取るにも「定員」というものが各隊決まっていますので、全ての隊員が取れるとは限りません。

もちろん、所属された職種や勤務地によっては必ず取得するように言われる資格等もありますが、基本的には全ての隊員が取れるわけではありませんね。

自衛官の多くは退職後どのような仕事に就いているのか?

  • 工員生産 34%
  • 運転手  18%
  • 保安警備 12%
  • 販売外交 9%
  • 事務会計 4%
  • その他  23%

上記は、自衛隊援護協会の資料を参考にしたものですが、見る限り自衛隊で取れそうな資格を活かした職種が多いようですね。

自衛官は、再就職がとても難しいと言われていますが自衛隊内にも際就職先を紹介してくれる制度が存在します。

私の場合は、その制度自体は利用していませんが、周りの方々は実際に利用している人が多かったですね。

制度を利用すると、希望の仕事に必要な資格の取得などを斡旋的に進めてくれる場合もあるようなので、気になる方はまずは自衛隊内の制度を利用するのも一つの手だと思われます。

因みに、私の場合は専門学校に退職後入学したので、そのような道もあるのも知っておて損はないでしょう。

一旦、学校に行って手に職をつけて、独立するのもありだと思いますよ。

自衛官におすすめの転職サービスサイト

私が自衛官退職後におすすめする転職先は、「IT系」の仕事ですがなかなか全ての人が合うとは思いませんので、以下の転職サービスサイトを利用してみましょう。

ウズキャリ1位
忙しい自衛隊の仕事をしている合間に、外に外出して就職活動する時間なんてありませんよね。そんな方のために、ネットで就職先が探せるサイトです。内定率が大変高いため、多くの方に人気の転職サイトですね。
総合評価
内定率の高さ
仕事の探しやすさ
利用者の数

公式ページ

ハタラクティブ2位
ハタラクティブは東京、神奈川、埼玉、千葉でしかサービスを展開していないのですが、私が一番お勧めする「IT系」の仕事に就きたい方には大変便利な転職サイトです。
総合評価
内定率の高さ
仕事の探しやすさ
利用者の数

公式ページ

第二新卒エージェントneo3位
neoと言えば、第二新卒者向けにサービス展開している会社です。登録から面談まで親切丁寧にこれからの将来設計について、相談にのってもらえますよ。また、安心感と安定感は今回ご紹介した中では一番です。
総合評価
内定率の高さ
仕事の探しやすさ
利用者の数

公式ページ

まとめ:自衛官は転職サイトを上手く活用しよう!

今は、どこの企業も人材不足で悩まされています。

人口減少、少子高齢化などの社会問題がある日本で、焦って転職先を決める必要性はありません。

どこも人材を欲しっているからこそ、しっかりと時間をかけて自分の人生と向き合い将来設計をしっかりと立ててから行動するようにしましょう。

是非とも自衛官の方で転職で悩んでいる方は、今回ご紹介した転職サイトを活用してみてくださいね!

TAKUMA
TAKUMA
就職先は、たくさんあるから焦らずに自分に合った職業を決めていこう!

 

レオくん
レオくん
また、就職せずに手に職をつけるために専門学校に通ったりする道もあるから、まずは視野を広く持って考えてみてね。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください