九州男児(管理者)のプロフィール
日常・体験談

集団生活に疲れて任期制自衛官を退職!その後クリーニング会社に転職

TAKUMA
TAKUMA
こんにちは!今回は自衛官から転職した体験談を、陸上自衛隊で衛生として2年ほど勤務していた”tmricoさん(女性)”に書いて頂きました。

是非とも自衛官の方で転職をしようか悩んでいる人は、参考にしてみてくださいね!

読む前に知っておきたいこと!

★転職サイトを利用するメリット

  • 利用料金・登録料金が無料
  • 登録後は自動的にあなたにあったお仕事情報が届く
  • 専属のエージェントが、あなたにあった仕事を探してくれる
  • 様々な業種の仕事が揃っている
  • キャリアアップに繋がる仕事が見つかる

★まずは登録!おすすめの転職サイトをご紹介!

  1. ウズキャリ
  2. ハタラクティブ
  3. 第二新卒エージェントneo

自衛隊に入った理由は「やりたいことがなかったから」でした

高校3年生の進路選択時に、大学に行く道も考えましたが、やりたい勉強もないまま4年間 も過ごすのはもったいないと思っていました。

そこで、親の勧めで自衛隊を受けることにしました。

私が選んだのは、任期制自衛官です。

自衛隊地方協力本部で広報官に、「任期満了になり再就職を選ぶ場合は、任期満了前に技能
訓練や就職先の斡旋などのバックアップも充実していますよ」という説明を聞きました。

やりたいことがなく、親の勧めで自衛隊を受けた私にとって、それはとても魅力的な説明で
した。

入隊後はプライベートがなく不満が募るばかり…。

入隊してから新隊員教育を受けた後は、部隊に配属されました。

部隊では女性隊員が少なく、全隊員300~400人のうち女性が5名以下と少数でした。

中には、男尊女卑の考え方を持っている人もいて、「やっぱり女は頼りにならないな」「女
だからっていい気になるな」など、女性隊員に対して偏見を持っている人から厳しいことを
言われることもありました。

しかも、女性隊員の新隊員は私だけだったので、変に興味を持たれていました。

例えば、外出しようと手続きをしていると、「いつもどこへ外出しているのか?」「外出し
てなにしてるの?」など外出の度に質問をされてうんざりでした。

また、仕事後に女性隊員宿舎の部屋に帰ると、女性隊員の先輩と同部屋でしたので、各部屋
独自ののルールなどがあったり、お風呂や掃除、アイロンがけも全て先輩と一緒でした。

時には、先輩の洗濯や靴磨きを手伝わされることもあったり、他の女性隊員の悪口大会に付
き合わされたりと、女性隊員宿舎に帰ってもあまり休まるときがなかったです。

唯一、寝るときだけが一人の時間でした。

このように、朝・昼・晩の食事や休日、仕事が終わった後の時間帯でも、同じ職場の人と関 わらなくてはならず、集団生活で疲れてしまい、24時間休まらないような感じがして、息 が詰まるようでした。

自衛隊での生活は、集団生活が向いているタイプの人には良いかもしれませんが、集団生活
が合っていない私のようなタイプの人間にとっては心身共にきつかったです。

任期満了が近づき、任期満了退官をすることに…。

当時の彼氏(現在の旦那)と2年ほど付き合っていた頃に、結婚の話が出ていました。

ちょうどその頃に私の任期満了の時期が近づいていました。

私は、自衛隊が向いていないため、任期満了で退職しようと思っていることを彼氏に相談し ました。

彼氏は、「女性も少ないし、きつい職場だから無理してここにこだわる必要はないんじゃな いかな」と背中を押してくれ、退職後に結婚することになりました。

子どもはすぐに考えていなかったため、退職後の仕事探しをする

任期制自衛官は、基本的には再就職先を内定させてから退職します。

その際に、自衛隊の就職援護センターを利用するように勧められるのですが、興味を持つよ うな求人がなかったため、私は利用しませんでした。

インターネットの求人サイトを使い、自分で就職先を探しました。

無事に任期満了までに内定をもらうことができ、自衛隊を任期満了退職しました。

自衛隊退職後は、クリーニング会社の事務に就職!

就職したクリーニング会社では、事務を担当させて頂いています。

仕事内容は、売上の集計や電話・メール対応、宅配クリーニングの業務がメインです。

私が勤めているクリーニング店は、宅配クリーニングの業務もあり、デスクワークだけでな く検品・梱包作業など、意外と体を動かす作業も多く、あっという間に時間が過ぎていきま す。

男女比も5:5くらいで、自衛隊と違い、「女性だから」という偏見もありませんでした。

まとめ:転職して良かったこと

自衛隊を退職し、クリーニング会社に転職して一番良かったことは、仕事後や休日のプライ ベートが確保されていて充実していることです。

自衛隊にいた頃は、仕事が終わった後でも寝る時まで職場の人と関わっていないといけませ んでした。

しかし、クリーニング会社では、仕事が終わった後にそれぞれの家に帰り、翌日出勤する時 まで、職場の人と顔を合わせないで済む、家族だけのプライベートの時間が確保されるとい うことが何よりの幸せでした。

新しい職場で上手くいかないことがあっても、家に帰って気持ちをリセットできます。

私の場合は自衛隊を退職して、仕事や私生活が充実したので、転職して本当に良かったと思っています。

TAKUMA
TAKUMA
女性自衛官だと特に、人間関係でのトラブルが多そうですね。無理して続けることなどせずに、すぐに切り替えて別の道を探すのも一つの手段だと思います。

女性自衛官へおすすめする転職サイト

女性自衛官で転職を考えている人は、まずは気持ちの整理をしてなぜ辞めるのか冷静に理由を考えてから、退職する3ヶ月前からしっかりと次の転職先の情報をリサーチしておきましょう。

ウズキャリ1位
忙しい自衛隊の仕事をしている合間に、外に外出して就職活動する時間なんてありませんよね。そんな方のために、ネットで就職先が探せるサイトです。内定率が大変高いため、多くの方に人気の転職サイトですね。
総合評価
内定率の高さ
仕事の探しやすさ
利用者の数

公式ページ

ハタラクティブ2位
ハタラクティブは東京、神奈川、埼玉、千葉でしかサービスを展開していないのですが、私が一番お勧めする「IT系」の仕事に就きたい方には大変便利な転職サイトです。
総合評価
内定率の高さ
仕事の探しやすさ
利用者の数

公式ページ

第二新卒エージェントneo3位
neoと言えば、第二新卒者向けにサービス展開している会社です。登録から面談まで親切丁寧にこれからの将来設計について、相談にのってもらえますよ。また、安心感と安定感は今回ご紹介した中では一番です。
総合評価
内定率の高さ
仕事の探しやすさ
利用者の数

公式ページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください