Googleリスティング広告とは?やり方を初心者向けに解説【自分で簡単にできる】

Googleリスティング広告とは?
okatakuma
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

Googleリスティング広告って何?どうやって始めるの?

そんな疑問をお持ちではありませんか?

Googleリスティング広告は、オンラインマーケティングの世界で非常に強力なツールですが、初心者には少し難しそうに感じるかもしれません。

本記事では、Googleリスティング広告の基本から、自分で始める方法までを初心者向けにわかりやすく解説します。

この記事を最後まで読んでいただくことで、あなたもGoogleリスティング広告を正しく理解して、ビジネスに活用できるようになるでしょう。

Contents
  1. Googleリスティング広告とは?
  2. Googleリスティング広告と自然検索の違い
  3. Googleリスティング広告のメリットとデメリット
  4. Googleリスティング広告のやり方・始め方【簡単7ステップ】
  5. Googleリスティング広告の運用・管理の5つのコツ
  6. Googleリスティング広告の費用と予算設定
  7. Googleリスティング広告のターゲティング設定方法
  8. Googleリスティング広告が表示されないケースと改善策
  9. Googleリスティング広告の運用方法(インハウス・外部委託)
  10. Googleリスティング広告が適しているケース(運用事例)
  11. Googleタグの設置方法とその必要性
  12. 検索意図と一致するランディングページ(LP)の必要性
  13. Google広告の種類と特徴
  14. Googleリスティング広告に関するよくある質問
  15. Googleリスティング広告のやり方を覚えて成果を上げよう

Googleリスティング広告とは?

Googleリスティング広告は、Googleの検索結果ページに表示される広告の一種です。

Googleリスティング広告は、ユーザーが特定のキーワードを検索した際に表示され、ビジネスやサービスを効果的に宣伝するための強力なツールです。

オンラインでの可視性とリーチを高めたいビジネスにとって、非常に有効な手段だといえるでしょう。

Googleリスティング広告とは

Googleリスティング広告は、大きく分けて3つの構成で作られています。

  1. サイトリンク(ランディングページのリンクなど)
  2. 見出し(広告のキャッチコピー)
  3. 説明文(広告の概要をユーザーに説明する)

特に、②と③の文章に関しては、しっかりと考えた上で設定する必要があります。

Googleリスティング広告の構成
Q
>> Googleリスティング広告の主な4つの特徴
特徴詳細
特定のターゲットに絞って広告配信できるGoogleリスティング広告は、特定のキーワードやユーザーの検索意図に基づいて表示されます。広告は、関心のあるユーザーに直接届けられます。
コスト効率を最適化できる支払いはクリックごとに発生するため、広告が表示されただけでは費用はかかりません。実際に興味を持ったユーザーが広告をクリックした場合のみ、費用が発生します。
効果測定が容易にできるGoogleリスティング広告の効果は、クリック数やコンバージョン率など、様々な指標を通じて測定することが可能です。キャンペーンの効果を具体的に分析し、必要に応じて調整することができます。
柔軟に設定変更できる広告の予算、ターゲティング、表示時間など、さまざまな側面をカスタマイズすることができます。ビジネスのニーズに合わせた広告戦略を、展開することが可能です。

Googleリスティング広告と自然検索の違い

ここでは、Googleリスティング広告と自然検索の違いに関して、初心者にもわかりやすく解説します。

TAKUMA
TAKUMA

「用語が専門的すぎて分からない…。」という方は、Google広告ヘルプの用語集を参考にしてみてください。

Googleリスティング広告とSEOの基本的な違い

リスティング広告は、Googleの検索結果ページの上部に表示される有料広告です。

広告は、特定のキーワードに基づいて表示され、クリックごとに料金が発生します。

一方、SEO(検索エンジン最適化)は、特定のキーワードに関連する自然検索結果を通じてウェブサイトの可視性を高める施策です。

Googleリスティング広告と自然検索の違い
Googleリスティング広告の掲載場所

SEOは無料ですが、上位の検索結果に表示されるためには、時間と努力が必要です。

Q
>> Googleリスティング広告とSEOの違い
比較項目Googleリスティング広告SEO(検索エンジン最適化)
料金有料無料
(ただし、SEO対策にはコストがかかる場合あり)
成果期間短期間で成果が見込める中・長期的に取り組む必要がある
見込める成果・特定のターゲットに絞った広告配信が可能である
・広告配信のやり方によっては、多くのCVが獲得できる
・ウェブサイトの信頼性と権威性の向上が見込める
・持続的なトラフィックの獲得に繋がる

それぞれのメリットと戦略的な組み合わせ方

Googleリスティング広告とSEOは、それぞれ独自のメリットがあります。

Googleリスティング広告は、迅速な結果とターゲット指向のアプローチが可能で、特定のキャンペーンやプロモーションに最適です。

一方、SEOは長期的な視点でウェブサイトの信頼性を高め、持続的なトラフィックを生み出します。

これら二つの戦略を組み合わせることで、短期的な成果と長期的なブランド構築の両方を実現することができます。

たとえば、新製品のローンチ時にGoogleリスティング広告を利用して即時の露出を図りつつ、同時にSEOを強化して製品に関連するコンテンツで自然検索のランキングを上げる、という方法が考えられるでしょう。

結局のところ、Googleリスティング広告とSEOは相互補完的な関係にあり、両方を上手く活用することで、オンラインマーケティングの効果を最大化することが可能です。

Googleリスティング広告のメリットとデメリット

Googleリスティング広告は、オンラインマーケティングの世界で非常に強力なサービスですが、その利用にはメリットとデメリットの両方が存在します。

ここでは、Googleリスティング広告を利用するメリットとデメリットに関して、詳しく解説していきます。

Googleリスティング広告のメリット

Googleリスティング広告の最大のメリットは、サービスや商品のターゲットに直接刺さるような広告がダイレクトに出せることです。

SEO対策での自然検索を狙った施策とは異なり、短期間で大きな成果を出せる可能性があるため、広告費が確保できる場合は有効な手段の一つになります。

Q
>> 具体的なメリット
項目詳細
広告は即時出稿可能である・Googleリスティング広告は、設定後すぐに結果をもたらす可能性があります。
・キャンペーンはいつでも調整や一時停止が可能で、柔軟な運用が可能です。
ターゲットを絞った広告が出せる・特定のキーワードやユーザーの検索意図に基づいて広告を表示できます。
・ターゲット層に合わせたカスタマイズが可能で、効果的なリーチが期待できます。
成果を簡単に測定できる・クリック数やコンバージョン率など、具体的な指標を通じて広告の効果を測定できます。
・効果的なキャンペーンのためのデータ駆動型の意思決定が可能です。
予算管理が容易である・クリックごとに料金が発生するため、予算の管理が容易です。
・日々の予算設定により、広告費用のコントロールが可能です。

Googleリスティング広告のデメリット

Googleリスティング広告のデメリットとしては、広告費がかかることと、広告で成果を上げるためには専門的な知識が欠かせないことです。

広告を出すこと自体は、それほど難しくありません。

しかし、広告運用で成果を上げるとなると、ある程度の知識と経験が必要になります。

Q
>> 具体的なデメリット
項目詳細
キーワードによって難易度が変わる・人気のあるキーワードでは競争が激しく、クリック単価が高くなる可能性があります。
・競争が激しい業界では、高い広告費用が必要になることがあります。
継続的に広告配信を行う必要がある・広告を停止すると、即座にトラフィックが減少する可能性があります。
・持続的な結果を得るためには、継続的な投資が必要です。
広告配信・管理をするためには、専門的な知識が必要である・効果的な広告キャンペーンを設定するためには、専門知識が必要な場合があります。
・適切な管理と最適化には時間とリソースが必要です。
期待した成果が必ず得られるとは限らない・広告の設定や市場の状況によっては、期待した成果が得られないこともあります。
・成功するためには、試行錯誤と時間が必要です。

Googleリスティング広告のやり方・始め方【簡単7ステップ】

ここでは、Googleリスティング広告を始めるための7ステップをご紹介します。

Q
>> Googleリスティング広告7つのステップ
  1. Google Adsアカウントを作る
  2. 新しいキャンペーンを作成する
  3. 単価設定を行う
  4. キャンペーン設定を行う
  5. キーワードと広告を設定する
  6. 予算を決める
  7. 確認作業を行う

\Googleリスティング広告の構造/

Googleリスティング広告の構造
TAKUMA
TAKUMA

まずは、Googleリスティング広告の構造を正しく理解しましょう。

Google Adsアカウントを作る

最初に、Googleアドセンスのアカウントを作成します。

Googleアドセンス

Googleアドセンス公式ページから、「ご利用開始」を選択してください。

Googleアカウント

その後、ご自身のGoogleアカウントを選択します。

新しいキャンペーンを作成する

Googleアドセンスのアカウント作成が完了したら、再度トップページを開いてください。

キャンペーンを作成する

Googleリスティング広告を出すためには、最初に外枠となる「キャンペーン」を作る必要があります。

その中に「広告グループ」を作成し、個別管理しながら広告運用していく流れです。

作成」を選択するとメニュータブが開かれるので、「キャンペーン」を選択してください。

キャンペーンの設定

キャンペーン目標を選択」の欄に関しては、ご自身の目的に合わせて選択します。

ここでは、「見込み顧客の獲得」を選んでおきましょう。

キャンペーンの設定2

ここでは、コンバージョンアクションの条件設定を行います。

サイトに訪れたユーザーが、どのような条件をクリアした際にコンバージョン(成果達成)したのかを設定します。

設定が完了したら、「続行」を選択しましょう。

たとえば、僕が運営している「自衛官転職相談センター」では、サイトに訪れた時点でコンバージョンしたと判断しています。

アフィリエイトリンクのクリック率自体は、ASPサイトの管理画面でサーチできるため、わざわざGoogleリスティング広告側でも管理する必要がないためです。

ダブルチェックしたい」という方は、後述しているGoogleタグマネージャーを活用すると良いでしょう。

次に、キャンペーンタイプを選択します。

ここでは、Googleリスティング広告以外にもディスプレイ広告や、ショッピング広告などさまざまな広告形態が選択可能です。

今回は、Googleリスティング広告なので「検索」を選択してください。

目標をどのように達成するかを選択してください」という項目には、ご自身が広告でPRしたいWebサイトのページリンクを入力します。

そして「キャンペーン名」を入力したら、もう一度内容を全て見直した上で、問題なければ「続行」を選択しましょう。

単価設定を行う

ここでは、クリック単価の上限を設定します。

Googleリスティング広告は、CPC(Cost Per Click)日本語でクリック単価により、費用が算出されます。

Q
>> CPCとは?

「CPC」とは「Cost Per Click」の略で、直訳すると「クリック一回あたりのコスト」という意味です。

オンライン広告において、広告がクリックされるたびに広告主が支払う費用のことを指します。

CPCモデルでは、広告が表示されてもクリックされなければ費用は発生しません

そのため、広告の効果を直接的に測定しやすく、特にウェブサイトへのトラフィックを増やしたい場合に効果的な広告手法とされています。

\Google広告の課金方式/

課金方式課金される条件対象となる広告費用相場
CPC
[Cost Per Click]
(クリック課金)
1クリックごとに
課金される
・リスティング広告
・ディスプレイ広告
・動画広告
・ショッピング広告
・アプリキャンペーン
約50〜100
円/1clk
PPI
[Pay per impression]
(インプレッション課金)
広告表示が1,000回
ごとに課金される
・ディスプレイ広告
・動画広告
約10〜500円/1,000imp
CV
[Ponversion]
(コンバージョン課金)
コンバージョン達成
ごとに課金される
・ディスプレイ広告CV単価の約1.5倍
単価設定

単価設定」の画面が開いたら、「重視している要素は何ですか?」という項目があります。

単価設定2

ここでは、「クリック数」を選択しましょう。

単価設定3

次に、「上限クリック単価による入札の上限を設定」に、チェックマークを入れます。

ここでは、クリック単価の上限を設定できますので、ご自身の任意の価格を入力してください。

はじめて広告出稿される場合は、100〜500円ほどの価格帯で入力しておくと良いでしょう。

広告表示は「オークション形式」となっているため、上限価格があまりにも低すぎると、広告が表示されない可能性があります。

また、「③詳細」を選択することで、以下のようなCPCに関する詳しい説明を読むことができます。

価格設定4

詳細を正しく理解し、上限価格設定まで行えた方は「④次へ」を選択してください。

キャンペーン設定を行う

ここでは、具体的なキャンペーンの設定を行なっていきます。

キャンペーン設定

上記の「キャンペーン設定」の画面が開いたら、最初に「ネットワーク」の設定を行います。

ここでは、デフォルトで「ディスプレイ ネットワーク」にチェックマークが入っているため、外してください。

検索ネットワーク」に関しては、あなたが登録するキーワードに関連性が高いキーワードをGoogleが自動検知して広告を表示してくれるシステムです。

こちらも不要だと思う方は、外してもらっても構いません。

キャンペーン設定2

次に、広告配信を行う「地域」を設定します。

キャンペーン設定3

①対象にする地域を選択してくしてください」とあるので、「日本」を選択します。

その下にある、「②目標」はデフォルト(推奨)のままで結構です。

キャンペーン設定4

こちらは「言語」の設定に関してですが、こちらはディフォルトで「日本語」が設定してあります。

そのため、別段操作する必要はありません。

キャンペーン設定5

オーディエンス セグメント」では、届けたいユーザーのセグメンテーション設定が行えます。

ターゲットユーザーやペルソナなどがしっかりと決まっている方は、セグメントを設定しておくと良いでしょう。

Q
>> セグメンテーションとは?

「セグメンテーション」とは、市場や顧客層を特定の基準や特性に基づいて小さなグループに分けることです。

セグメンテーションは、マーケティング戦略をより効果的にするために行われます。

たとえば、年齢、性別、興味、地理的な位置、購買行動などの様々な要因に基づいて顧客を分類します。

セグメンテーションを行うことにより、各グループに合わせた特定の商品やサービス、マーケティングメッセージを提供することが可能になり、より個別化された顧客体験を提供し、効率的に市場をターゲットにすることができます。

キャンペーン設定6

ターゲットが具体的に決まっていない方は、「このキャンペーンのターゲティング設定」の欄の「モニタリング(推奨)」を選んでおくと良いです。

TAKUMA
TAKUMA

「今回はテスト配信にしよう。」と考えている方も、とりあえず「モニタリング」を選んでおくと良いでしょう。

キャンペーン設定7

部分一致キーワード」とは、指定したキーワードと部分的に一致するキーワード検索に対しても広告を表示する設定になります。

こちらは、「コンバージョンまたはコンバージョン値に基づく入札戦略」の設定になっていないと選ぶことができません。

また、「自動作成アセット」に関しては、デフォルトで設定してある「無効」のままにしておきましょう。

キャンペーン設定8

最後の欄にある「その他の設定」では、他にもさまざまな広告に対する詳細設定が行えます。

広告配信の期間指定などもできますので、必要な方は設定しておきましょう。

全ての設定が完了した方は、「次へ」を選択してください。

キーワードと広告を設定する

キーワードと広告」の設定ページへ移動したら、「広告グループ1個」の設定をそれぞれ行なっていきます。

キーワードと広告1

まず、「キーワード」の欄ですが、こちらにはご自身が広告に活用しようと考えている、LP(ランディングページ)やHPを入力してください。

キーワードと広告2

サイトリンクの入力が完了したら、「①キーワード候補を更新」を選択します。

すると、「②キーワードの入力」の欄に検索キーワードの候補が、自動的に羅列されます。

ご自身で事前に準備していたキーワードやフレーズなどの候補がある場合は、追加して入力してください。

キーワードと広告3

次に、「①最終ページURL」を入力します。

こちらは、ユーザーが広告リンクをクリックした際に、表示されるサイトページの設定になります。

続いて「②表示URLのパス」ですが、こちらは広告表示させる際に、合わせて表示させたいサイトページのリンクです。

TAKUMA
TAKUMA

それぞれの違いがいまいち分からない方は、「?(はてなマーク)」を選択して、詳細を確認しましょう。

キーワードと広告4

広告見出し」の欄では、実際にGoogle検索で表示する広告の見出しを設定していきます。

見出しを設定する際には、キーワード候補を参考にしながらテキストを30文字以内で入力していきましょう。

見出しは、最大で15個まで設定することができます。

キーワードと広告5

広告見出しは、固定することも可能です。

キーワードと広告6

次に、「説明文」を設定します。

説明文は、あなたがこれから出そうとしているプロダクトやサービスに関する説明文章を設定するエリアです。

文章を考えるのが面倒な方は、「候補を表示」を選択すると説明文の候補が右側に表示されます。

TAKUMA
TAKUMA

ChatGPT-4などを活用して、説明文のドラフトを作成するのもおすすめです。

キーワードと広告7

広告見出しや説明文を設定する際には、上部に表示されている「広告の有効性」や、サイドバーに表示されている「キャンペーン最適化スコア」などの情報を参考にしましょう。

これらは、あなたの設定内容がどの程度Googleリスティング広告として、最適化されているかの一つの指標になります。

キーワードと広告8

画像」の設定に関しては、「画像を追加」を選択してキャンペーンに使用する画像をアップロードします。

キーワードと広告10

最初に「①アップロード」を選択して、ご自身が用意している画像をインストールしてください。

その後、アセットから利用する画像に「②チェックマーク」を入れます。

最後に「③保存」を選択して設定完了です。

キーワードと広告10

ビジネスの名前」に関しては、最大25文字まで設定可能です。

キーワードと広告11

ビジネスのロゴ」では、サイトリンクの左側に表示されるアイコンの設定を行います。

アイコン画像は自由に設定することができますが、本人確認が完了していないと承認が行われませんので注意しましょう。

キーワードと広告12

サイトリンク」では、表示される広告リンクの下にメニュー一覧として、テキストリンクを追加設置することができます。

キーワードと広告13

設定する際には、「+サイトリンク」を選択してください。

キーワードと広告14

次に、右上にある「作成」を選択します。

キーワードと広告15

上の画面が開いたら、実際にサイトリンクの内容を設定していきます。

設定方法は、基本的に「広告見出し」と「説明文」の項目で説明したやり方と同じです。

最後に「最終ページURL」を設定したら、左下にある「作成」を選択してください。

キーワードと広告16

その他にも「コールアウト」をはじめとした、細かい設定が可能です。

必要な方は、各詳細を確認した上で設定しておきましょう。

ここまでの設定内容に問題がなければ、一度「①完了」を選択して広告のビジュアルを確認しましょう。

最後に、「②次へ」を選択するとこのセッションは、全て設定完了になります。

予算を決める

ここでは、広告における予算を設定していきます。

予算設定1

予算」は、1日あたりの平均費用として希望の金額を自由に設定できます。

候補金額が表示されますが、ご自身で「カスタム予算の設定」を選び、自由に金額指定することも可能です。

予算設定2

カスタム予算の設定」で金額指定する際には、他の広告主の予算よりも低く設定し過ぎないように注意しましょう。

広告予算があまり低すぎると、一向にあなたの広告が表示されない可能性があります。

広告を積極的に表示させたい場合は、競合他社よりも若干上の金額設定にしておくと良いでしょう。

予算設定3

予算設定が完了したら「次へ」を選択してください。

確認作業を行う

ここでは、これまで設定してきた項目を確認した上で、実際に広告配信します。

確認1

上の画面に切り替わったら、最初に「①最適化案」を確認しましょう。

最適化案の内容を詳しく確認し、改善できそうな点は積極的に改善することで、キャンペーンの最適化スコアがアップします。

全て問題なければ「②キャンペーンを公開」を選択してください。

TAKUMA
TAKUMA

広告を公開した後は、実際にどのような感じでGoogle検索結果に表示されているのかを、必ず確認するようにしてください。

Googleリスティング広告の運用・管理の5つのコツ

Googleリスティング広告では、適切な運用と効果的な管理を行うことで、広告のパフォーマンスを最大化し、投資対効果(ROI)を高めることができます。

常にユーザーのニーズを念頭に置き、「データドリブン(Data Driven)」のアプローチで広告戦略を進めましょう。

Q
>> データドリブン(Data Driven)とは?

「データドリブン(Data Driven)」とは、意思決定や戦略策定の際に、直感や経験ではなく、具体的なデータや分析結果に基づいて行動するアプローチのことです。

データドリブンでは、収集されたデータを詳細に分析し、その洞察を活用してビジネスの意思決定を行います。

明確な目標設定を行う

広告キャンペーンを開始する前に、具体的な目標を設定します。

たとえば、リード獲得数の増加、特定の商品の販売促進、ブランド認知度の向上などです。

目標に基づいてキャンペーンを設計し、達成を目指しましょう。

ターゲットオーディエンスを定める

ターゲットとなるオーディエンスの特性を、詳細に分析しましょう。

年齢、性別、興味・関心、地理的位置など、様々な角度からターゲットオーディエンスを理解し、適切なターゲティング戦略を立てます。

セグメンテーションなどを行うことで、よりどのような人に広告を届けたいのかを明確にすることが可能です。

キーワード選定と最適化を行う

効果的なキーワードを選定し、定期的にそのパフォーマンスを分析しましょう。

Googleリスティング広告では、競争が低く、かつ関連性の高いキーワードを選ぶことが重要です。

期待する成果を出すためには、キーワード選びがとても大切ですので、しっかりと時間をかけて分析しましょう。

予算を適切に管理する

日々の予算を設定し、キャンペーンのパフォーマンスに基づいて調整します。

予算の使い過ぎを防ぎつつ、最大の効果を得るためのバランスを見極めましょう。

費用対効果などを検証しながら、予算調整すると良いでしょう。

定期的な分析と最適化(A/Bテスト)を行う

キャンペーンの結果を定期的に分析し、必要に応じて調整を行いましょう。

具体的には「A/Bテスト」を活用して、異なる広告バリエーションの効果を比較します。

実行、検証、改善を繰り返し、より優れたキャッチコピーやクリエイティブを選別することで、期待した成果に近づけるはずです。

Q
>> A/Bテストとは?

「A/Bテスト」とは、二つのバージョン(AとB)を比較することで、どちらがより効果的かを判断するシンプルなテスト方法です。

たとえば、ウェブページのデザインや広告の文言を少し変えて、どちらがより多くの反応を得られるかを試します。

テストを通じて、より効果的なマーケティング戦略を見つけ出すことができます。

TAKUMA
TAKUMA

その他、Google広告プラットフォームのアップデート情報なども見逃さないようにしましょう。

Googleリスティング広告の費用と予算設定

Googleリスティング広告を始める際、多くの方が最初に気になるのは「費用はどのくらいかかるのか」という点です。

広告予算を設定することは、ビジネスのオンラインマーケティング戦略において重要なステップです。

適切な予算設定は、広告の成功を左右する要素の一つといっても過言ではありません。

ここでは、Googleリスティング広告の費用と予算設定について詳しく見ていきましょう。

Googleリスティング広告の費用構造

Googleリスティング広告の費用は、主に次の3つの要素に基づいています。

要素詳細
クリック単価(CPC)・広告がクリックされるたびに発生する費用。
・キーワードの競争率や品質スコアによって変動します。
日次予算・1日あたりに広告に費やす最大金額。
・予算を超えるクリックは発生しません。
キャンペーン期間・広告を表示する期間。
・期間が長いほど、総費用は増加します。

予算設定のコツ

Googleリスティング広告の予算を設定する際には、次の4つの要点を押さえておきましょう。

項目詳細
ビジネスの目標を明確にする広告の目的(ブランド認知度向上、リード獲得、販売促進など)に基づいて予算を設定します。
市場と競合を分析する業界や競合他社の広告活動を調査し、適切な予算レベルを見極めます。
小規模から始める最初は小さな予算で始め、効果を測定しながら徐々に増やしていくのが賢明です。
結果を定期的に分析する広告のパフォーマンスを定期的にチェックし、必要に応じて予算を調整します。

予算管理のコツ

Googleリスティング広告における予算管理のコツは、次の通りです。

項目詳細
ROIを考慮する投資対効果(ROI)を考慮して、予算を割り当てます。
高いROIをもたらすキャンペーンには、より多くの予算を割り当てることが望ましいです。
季節性やトレンドを考慮する業界の繁忙期や特定のイベントに合わせて予算を増減させることが重要です。

Googleリスティング広告の費用と予算設定は、ビジネスのオンラインマーケティング戦略においてとても重要です。

適切な予算設定により、広告の効果を最大化し、ビジネスの成長を促進することができます。

TAKUMA
TAKUMA

予算を慎重に計画し、定期的な分析を行いながら、最適な広告戦略を実行しましょう。

Googleリスティング広告のターゲティング設定方法

Googleリスティング広告では、ターゲティングを最適化することで、より広告が関連性の高い潜在顧客に届くようになります。

ターゲティング設定を行う際には、次の5つの要点を押さえた上で、Googleスプレットシートに一度まとめてみましょう。

項目詳細
キーワードの選定・広告を表示したい検索クエリに関連するキーワードを選定します。
・ツールを使用して、検索ボリュームや競争率を調査し、最適なキーワードを選びましょう。
地域ターゲティング・広告を表示する地域を選択します。
・ビジネスが地域に密着している場合は、特定の市や地区をターゲットにすると効果的です。
デバイスターゲティング・広告を表示するデバイス(モバイル、デスクトップなど)を選択します。
・ユーザーのデバイス使用傾向を考慮して、最適なデバイスをターゲットにしましょう。
時間帯と曜日の設定・広告を表示する時間帯と曜日を設定します。
・ビジネスのピーク時間やターゲットオーディエンスのオンライン活動時間を考慮すると良いでしょう。
デモグラフィックターゲティング・年齢、性別、興味・関心など、特定のデモグラフィック要素をターゲットにします。
・ターゲットオーディエンスの特性を理解し、適切なセグメントを選択しましょう。

Googleリスティング広告のターゲティング設定は、広告キャンペーンの成功に不可欠です。

適切なターゲティングにより、広告のリーチと効果を最大化し、ビジネスの成長を加速させることができます。

常にターゲットオーディエンスのニーズと行動を考慮し、効果的な広告戦略を実行しましょう。

Googleリスティング広告が表示されないケースと改善策

Googleリスティング広告は、適切に設定されていないと表示されないことがあります。

広告が表示されない主な理由と、それに対する改善策を理解することは、効果的な広告運用に不可欠です。

ここでは、Google広告が表示されない一般的なケースとその解決策を解説します。

Q
>> Googleリスティング広告の配信状態を確認する方法

あなたの広告がどのように配信されているのかを、調べる方法を解説します。

広告の表示を確認する

広告のプレビューを確認する場合、まずサイドバーにある「①ツール」を選択します。

その後、タブが開かれるので「②広告プレビューと診断」を選択しましょう。

広告の表示を確認する2

広告プレビューと診断」という画面が開いたら、「①検索窓」にあなたが調べたいキーワードを入力します。

次に、「②期間」を指定します。

最後に「③住所、言語、デバイス、視聴者」を設定したら、下にステータスが表示されるはずです。

「①ステータス」の欄に「広告が表示されています」と表示されていれば問題ありません。

万が一、上の画像のように「広告は表示されていません」と表示されていた場合、「②理由」の欄で詳細を確認しましょう。

※参照:広告が表示されない原因|Google広告ヘルプ

入札単価が足りていない

Googleリスティング広告では、広告を表示するためにお金を払います。

このお金のことを「入札単価」といいます。

入札単価が低すぎると、他の広告よりも表示されにくくなります。

TAKUMA
TAKUMA

改善策としては、入札単価を少し高く設定してみましょう。そうすることで、広告が表示されやすくなります。

品質スコアが低い

品質スコアとは、広告の質を示す点数です。

この点数が低いと、広告があまり表示されません。

点数は、広告の文言や、広告をクリックした人が行くウェブページの質などで決まります。

TAKUMA
TAKUMA

改善策は、広告の文言をもっと魅力的にしたり、ウェブページを使いやすくすることです。

ターゲティング設定の問題が起きている

ターゲティングとは、広告を見せたい人を選ぶことです。

もしターゲティングの設定が間違っていると、広告が表示されないことがあります。

たとえば、ある地域の人だけに広告を見せたいのに、間違えて別の地域を選んでしまうといったケースです。

TAKUMA
TAKUMA

改善策は、ターゲティング設定を見直し、正しい対象者を選ぶことです。

Google広告ポリシー違反を犯している

Googleには、広告のルールがあります。

Google広告のポリシーに反する広告は、表示されません。

たとえば、嘘の情報を広告に使ったり、不適切な内容を含む広告はダメです。

TAKUMA
TAKUMA

改善策は、Googleの広告ポリシーをよく読み、ルールに反していないか確認することです。

Google広告側の技術的な問題が生じている

たまに、Google広告自体のシステムに問題が起きて、広告が表示されないことがあります。

技術的な問題が生じている場合は、一度X(旧Twitter)で同じような現象が起きていないか確認してみましょう。

トレンド性の高い現象であれば、X上で話題になっているはずです。

TAKUMA
TAKUMA

改善策としては、Googleのサポートに連絡して、問題を報告することです。しばらく待ってみるのも一つの方法です。

Googleリスティング広告の運用方法(インハウス・外部委託)

Googleリスティング広告の運用には、主にインハウス(社内)運用と、外部委託の2つの方法があります。

どちらの方法にもメリットとデメリットがあり、ビジネスのニーズやリソースに応じて適切な選択をすることが大切です。

ここでは、それぞれの特徴やメリット、デメリット等に関して、初心者にも分かりやすく解説します。

インハウス(社内)運用のメリット・デメリット

外部に委託せずにGoogle広告を運用する場合、社内に専門的な知識を持っている社員がいればメリットは非常に大きいです。

なぜなら、外部委託費用を削減できると共に、社内に運用知識が蓄積されるので、好循環の中で成果を上げることができます。

逆に、社内にGoogle広告運用に関する知識やスキルを持った社員がいない場合、研修から時間をかけなければいけません。

中途半端な知識とスキルを持った社員が担当しても、思ったような成果が上がらない可能性があります。

Q
>> インハウス運用のメリット
項目詳細
社内で完全に管理できる・広告戦略やキャンペーンの管理において、完全なコントロールが可能です。
・細かな調整や迅速な対応が容易に行えます。
社内に内部知識として蓄積される・ビジネスの内部知識を活用して、より効果的な広告を作成できます。
・ブランドの声やメッセージを一貫させることができます。
広告費用を削減できる外部エージェンシーに支払う手数料や管理費用を節約できます。
Q
>> インハウス運用のデメリット
項目詳細
専門的な知識が必要になる・効果的な広告運用には、専門的な知識と経験が必要です。
・適切なスキルを持つスタッフの確保やトレーニングが必要になる場合があります。
社内リソースを割かなければならない社内リソースが限られている場合、広告運用に必要な時間や労力を割くことが困難になることがあります。
担当者の専門性が問われる専門的な知識が不足している場合、広告の成果が不安定になる可能性があります。

外部委託のメリット・デメリット

Google広告を外部委託する最大のメリットは、専門家に丸投げできるため、面倒な手間暇がかからないことにあります。

その上、専門家に依頼するのである程度の成果が継続的に見込めるというのも大きな利点でしょう。

対してデメリットとしては、コストがかかることです。

そのため、外部委託する際には、費用対効果をしっかりと見定めた上で依頼する必要があります。

依頼してそのまま放置しているケースも多く、無駄に費用だけが毎月垂れ流しになっている発注者も珍しくありません。

Q
>> 外部委託のメリット
項目詳細
専門的な知識と経験を持った人に任せられる・専門的な知識を持つエージェンシーに委託することで、高品質な広告運用が期待できます。
・最新のトレンドやテクニックを活用した効果的なキャンペーンが実施可能です。
時間と労力の節約になる広告運用に関する時間と労力を節約し、ビジネスの他の重要な業務に集中できます。
一貫した成果をもたらす可能性がある経験豊富なエージェンシーによる運用は、一貫した成果をもたらす可能性が高いです。
Q
>> 外部委託のデメリット
項目詳細
コストがかかる・外部委託には追加の費用が発生します。
・手数料や管理費用がかかります。
任せっきりになる広告戦略やキャンペーンの細かな部分において、直接的なコントロールが難しくなることがあります。
コミュニケーションミスが起きる・外部エージェンシーとのコミュニケーションには、迅速さや明確さが求められます。
・誤解や意思疎通の問題が生じる可能性があります。
TAKUMA
TAKUMA

外部委託するにしても、社内の担当者には最低限のGoogle広告に関する知識が必要です。

Googleリスティング広告が適しているケース(運用事例)

Googleリスティング広告は、さまざまな事業分野においてその効果を発揮します。

しかし、どのようなビジネスにとって特に有効なのかを理解することは、広告戦略を立てる上で重要です。

ここでは、異なる事業分野においてGoogleリスティング広告が特に適しているケースをご紹介します。

小売業

たとえば、衣料品店、食料品店、家電量販店、書店、オンラインショップなどが小売業に該当します。

小売業の場合は、消費者に対して直接販売する形態のビジネスであるため、Google広告では「ショッピング」というキャンペーンタイプを選択します。

項目詳細
利用目的・新製品の発売や季節ごとのプロモーションに最適。
・オンラインショップへのトラフィックを増やし、売上を促進します。
適用事例・特定の商品やカテゴリーに焦点を当てたキャンペーン。
・限定オファーや割引を前面に出した広告。
備考商品に関連するキーワードを選定し、魅力的な広告文で顧客の関心を引きます。

サービス業

サービス業の場合は、店舗型ビジネスが一般的であるため「地域密着型」のGoogle広告を打つケースが大半です。

たとえば、レストランであればサービスの予約などが考えられるでしょう。

自社商品がある店舗だと、小売業のようにGoogle広告で全国展開することも可能です。

項目詳細
利用目的・地域密着型のサービス提供者にとって有効。
・サービスの予約や問い合わせを増やすことが可能。
適用事例美容院、レストラン、修理サービスなど、地域密着型のサービス提供者に最適。
備考地域ターゲティングを活用し、地元の顧客に焦点を当てた広告を展開します。

Eコマース

Eコマースの分野では、Google広告での販売はとても一般的です。

たとえば、楽天やAmazonなどもGoogle広告を利用しており、完全に私たちの日常生活に浸透しています。

実際に広告配信する際には、商品ごとに広告キャンペーンを分けたり、それぞれ適したキーワード設定を行うなどの考慮が必要です。

項目詳細
利用目的・オンラインでの商品販売促進に最適。
・広範囲のオーディエンスにリーチし、オンラインショッピング体験を提供。
適用事例・オンライン専門の小売業者。
・ショッピング広告を活用した商品の直接的な宣伝。
備考ショッピング広告を活用し、商品の画像や価格を直接表示させます。

B2B(ビジネス対ビジネス)

B2Bの場合は、高単価商品を販売するケースが大半であるため、Google広告であってもよりブランディングを意識した戦略が必要になります。

「toC」とは、扱うキーワードの種類が異なる点を考慮した上で、Google広告戦略を考えましょう。

また、B2BにはGoogleリスティング広告以外にも、Facebook(meta)広告も効果的です。

項目詳細
利用目的・長期的なリード獲得やブランド認知度の向上に効果的。
・専門的なサービスや製品のプロモーションに適しています。
適用事例・ITソリューション、製造業向け機器、コンサルティングサービス。
・専門的なキーワードを用いたターゲット指向の広告。
備考専門的なキーワードを用い、具体的なビジネスニーズに対応する広告を作成します。

Googleタグの設置方法とその必要性

Googleタグは、あなたのウェブサイト上でのユーザー行動を追跡し、広告の効果を測定するための重要なツールです。

正確なデータ収集と分析は、オンラインマーケティング戦略の成功に不可欠です。

ここでは、Googleタグに関して初心者にも分かりやすく解説していきます。

Googleタグとは?

Googleタグ(旧称:Googleタグマネージャー)は、Googleが提供するタグ管理ツールです。

HTMLファイルを編集せずに、タグを追加・編集・削除できるため、タグの管理が容易になります。

また、タグの設定を複数ページに適用することもできるため、タグの追加や変更の際にかかる手間と時間を大幅に削減できます。

Googleタグを利用することでできること
  • HTMLファイルを編集せずに、タグを追加・編集・削除できる
  • タグの設定を複数ページに適用できる
  • タグの動作条件を設定できる
  • タグのパフォーマンスを監視できる

Googleタグの設置方法と効果測定のやり方

Googleタグの設置方法は、次のとおりです。

  1. Googleタグマネージャーのアカウントを作成する
  2. コンテナを作成する
  3. タグを作成する
  4. タグをトリガーに設定する
  5. GTMのコードをWebサイトに埋め込む

Googleタグの設置方法については、Googleタグマネージャーの公式ヘルプを参照してください。

また、効果測定を行う方法は、次のとおりです。

  1. Googleタグマネージャーの管理画面で、コンバージョンタグの設定を確認する。
  2. Googleアナリティクスの設定を確認する。
  3. Googleアナリティクスで、コンバージョンタグの発火を確認する。

効果測定を行う具体的な方法については、Googleアナリティクスの公式ヘルプを参照してください。

設定方法は、以上です。

Googleタグを通じて、ウェブサイトの訪問者行動を理解し、広告のROIを最大化するための戦略を立てることができるでしょう。

TAKUMA
TAKUMA

正確なデータ収集と分析は、ビジネスのオンラインプレゼンスを強化し、成功へと導く鍵となります。

検索意図と一致するランディングページ(LP)の必要性

検索意図と一致するLPは、広告効果を高めるために欠かせない要素です。

検索意図とは、ユーザーが検索エンジンに入力したキーワードに対して、どのような情報を期待しているかということを指します。

たとえば「スニーカー 人気」と検索した場合、ユーザーは「人気のあるスニーカーの情報を教えてほしい」という検索意図を持っていると考えられるでしょう。

ここでは、Googleリスティング広告におけるLPの必要性に関して、初心者にも分かりやすく解説します。

ランディングページ(LP)とは?

LPとは、広告をクリックしたユーザーが最初に訪れるWebページのことです。

LPの目的は、ユーザーに商品やサービスの購入、資料請求、会員登録などのアクションを促すことです。

そのため、LPには、ユーザーの興味を引くコンテンツや、アクションを促すCTA(Call to Action)が盛り込まれています。

LPの役割は、次のとおりです。

  • ユーザーのニーズを満たす
  • ユーザーのアクションを促す
  • 広告の品質スコアを向上させる

LPは、広告効果を高めるために重要な要素です。

効果的なLPを作成することで、ユーザーのニーズを満たすことができ、アクションを促すことができます。

また、広告の品質スコアを向上させることで、広告の表示順位を上げることもできます。

ランディングページ(LP)の目的と役割

LPの目的は、ユーザーに商品やサービスの購入、資料請求、会員登録などのアクションを促すことです。

LPには、次の2つの役割があります。

ユーザーのニーズを満たす

LPは、ユーザーが検索したキーワードに関連する情報を提供することで、ユーザーのニーズを満たす必要があります。

ユーザーのニーズを満たすことで、ユーザーの興味を引くことができ、アクションを促す可能性が高まるでしょう。

ユーザーのアクションを促す

LPには、ユーザーにアクションを促すCTAが盛り込まれています。

CTAには、ボタンやリンクなど、ユーザーがアクションを起こしやすい形で表示することが重要です。

また、CTAの文言は、ユーザーにわかりやすい言葉で、具体的なアクションを促すようにすることが効果的です。

ランディングページ(LP)は、広告効果を高めるために重要な要素だと言えます。

効果的なLPを作成することで、ユーザーのニーズを満たすことができ、アクションを促すことができ流でしょう。

Google広告の種類と特徴

Google広告は、Googleの検索エンジンやYouTubeなどのサービスに広告を掲載できる、オンライン広告のプラットフォームです。

広告主は、Google広告の管理画面を使って、広告のターゲティングや出稿方法を設定することができます。

ここでは、Google広告の種類とその特徴に関して、初心者にも分かりやすく解説します。

\Google広告の全体像/

Google広告の全体像

検索キャンペーン

検索キャンペーンは、ユーザーがGoogleで検索したキーワードに連動して、広告を表示するキャンペーンです。

検索結果画面の上部や下部に、広告が表示されます。

検索キャンペーン

検索キャンペーンの費用は、1クリックあたりの平均単価(CPC)で表されます。

CPCは、キーワードの競争率や広告の品質スコアによって変動します。

一般的なCPCは、100円~300円程度です。

競争率の高いキーワードでは、1クリックあたり1,000円以上かかることもあります。

項目詳細
広告の特徴・ユーザーの検索意図に即した広告を表示できる
・商品やサービスの認知拡大、Webサイトへのアクセス数の増加などに効果的
利用目的・商品やサービスの認知拡大を図りたい
・自社のWebサイトへのアクセス数を増やしたい
・特定のキーワードで上位表示させたい

ディスプレイキャンペーン

ディスプレイキャンペーンは、Googleの検索エンジンだけでなく、GmailやYouTubeなどのWebサイトやアプリに、広告を表示するキャンペーンです。

画像や動画などのクリエイティブを活用して、ユーザーに視覚的に訴求することができます。

ディスプレイキャンペーン

ディスプレイキャンペーンの費用は、1,000回表示あたりの平均単価(CPM)で表されます。

CPMは、広告の表示場所やターゲティング方法によって変動します。

一般的なCPMは、100円~300円程度です。

ただし、特定の層のユーザーにリーチする場合は、1,000円を超えることもあります。

項目詳細
広告の特徴・幅広いユーザーにリーチできる
・商品やサービスの認知拡大、ブランドイメージの向上などに効果的
利用目的・商品やサービスの認知拡大を図りたい
・自社のブランドイメージを向上させたい
・特定の層のユーザーにリーチしたい

ショッピングキャンペーン

ショッピングキャンペーンは、商品の画像や価格などの情報を、検索結果画面に表示するキャンペーンです。

ユーザーは、商品を直接確認したうえで、購入を検討することができます。

ショッピング広告

ショッピングキャンペーンの費用は、1クリックあたりの平均単価(CPC)で表されます。

CPCは、商品の競争率や広告の品質スコアによって変動します。

一般的なCPCは、100円~300円程度です。

ただし、競争率の高い商品では、1クリックあたり1,000円以上かかることもあります。

項目詳細
広告の特徴・商品の購入意欲が高いユーザーにリーチできる
・商品の販売促進、購入率の向上などに効果的
利用目的・商品の販売促進を図りたい
・購入率を向上させたい
・特定の商品をアピールしたい

動画キャンペーン

動画キャンペーンは、YouTubeやGoogleの検索結果画面などに、動画広告を表示するキャンペーンです。

ユーザーに、商品やサービスの魅力を、視覚的に訴求することができます。

動画キャンペーン

動画キャンペーンの費用は、1,000回表示あたりの平均単価(CPM)で表されます。

CPMは、動画の長さやターゲティング方法によって変動します。

一般的なCPMは、500円~1,000円程度です。

ただし、インパクトのある動画を配信する場合は、数万円を超えることもあります。

項目詳細
広告の特徴・インパクトのある広告を配信できる
・商品やサービスの認知拡大、ブランディングなどに効果的
利用目的・商品やサービスの認知拡大を図りたい
・自社のブランドイメージを向上させたい
・特定の商品やサービスの魅力をアピールしたい

スマートアシストキャンペーン

スマートアシストキャンペーンは、GoogleのAIが、広告のターゲティングや出稿方法を自動で最適化するキャンペーンです。

初心者でも、簡単に効果的な広告を配信することができます。

出典:GoogleAI

スマートアシストキャンペーンの費用は、1,000回表示あたりの平均単価(CPM)で表されます。

CPMは、ターゲティング方法によって変動します。

一般的なCPMは、100円~300円程度です。

ただし、特定の層のユーザーにリーチする場合は、1,000円を超えることもあります。

項目詳細
広告の特徴・初心者でも簡単に効果的な広告を配信できる
・商品やサービスの認知拡大、Webサイトへのアクセス数の増加などに効果的
利用目的・初心者で、効果的な広告を配信したい
・商品やサービスの認知拡大を図りたい
・自社のWebサイトへのアクセス数を増やしたい

アプリキャンペーン

アプリキャンペーンは、Googleの検索エンジンやYouTubeなどのサービスに、アプリの広告を表示するキャンペーンです。

ユーザーにアプリのダウンロードを促すことができます。

アプリキャンペーン広告

アプリキャンペーンの費用は、1クリックあたりの平均単価(CPC)で表されます。

CPCは、アプリの競争率や広告の品質スコアによって変動します。

一般的なCPCは、100円~300円程度です。

ただし、競争率の高いアプリでは、1クリックあたり1,000円以上かかることもあります。

項目詳細
広告の特徴・アプリのダウンロードを促進できる
・アプリの利用率の向上などに効果的
利用目的・アプリのダウンロードを促進したい
・アプリの利用率を向上させたい

ファインドキャンペーン

ファインドキャンペーンは、ユーザーの検索意図や興味・関心に合わせて、広告を表示するキャンペーンです。

検索キャンペーンとディスプレイキャンペーンを組み合わせた、ハイブリッドなキャンペーンです。

ファインドキャンペーン2

ファインドキャンペーンの費用は、1,000回表示あたりの平均単価(CPM)で表されます。

CPMは、ターゲティング方法によって変動します。

一般的なCPMは、100円~300円程度です。

ただし、特定の層のユーザーにリーチする場合は、1,000円を超えることもあります。

項目詳細
広告の特徴・ユーザーの検索行動に基づいて、関連性の高い広告を提供可能
・ユーザーのニーズに合わせたタイムリーな広告表示ができる
利用目的・新商品やサービスの発売に合わせて、認知拡大を図りたい
・既存商品やサービスの販売促進を図りたい
・特定の層のユーザーにリーチして、新規顧客を獲得したい

2024年1月末までに、既存のファインド キャンペーンはすべてデマンド ジェネレーション キャンペーンにアップグレードされます。

出典:Google広告ヘルプ

ローカルキャンペーン

ローカルキャンペーンでは、検索結果画面やGoogle マップ、Gmailなどの場所で、広告を表示することができます。

そのため、ユーザーの行動に合わせて、広告を表示することができます。

ファインドキャンペーン
ローカルキャンペーン2

ローカルキャンペーンの費用は、1クリックあたりの平均単価(CPC)で表されます。

CPCは、地域や業種などのターゲティング方法によって変動します。

一般的なCPCは、100円~300円程度です。

ただし、競争率の高い地域や業種では、1クリックあたり1,000円以上かかることもあります。

項目詳細
広告の特徴・地元の顧客をターゲットにした広告を展開可能
・Googleマップや検索結果におけるローカルビジネスのプロモーションに特化している
利用目的・実店舗を経営する事業者で、来店数や予約数の増加を図りたい
・特定の地域や業種のユーザーにリーチして、新規顧客を獲得したい
・店舗の認知拡大やブランディングを図りたい

Googleリスティング広告に関するよくある質問

ここでは、Googleリスティング広告に関するよくある質問とその回答をご紹介します。

Q.Googleリスティング広告では、成果が出るまでにどのくらいの期間がかかりますか?

Googleリスティング広告で成果が出るまでの期間は、一般的に3ヶ月〜6ヶ月程度と言われています。

この期間は、広告キャンペーンの初期段階でのデータ収集と最適化の段階とされています。

具体的には、次の3つのステップがあります。

ステップ1:広告やキーワードの反応を把握する(1〜2ヶ月)

広告の表示回数やクリック数、クリック率などのデータを収集し、どのようなキーワードで広告が表示されているのか、どのようなユーザーが広告をクリックしているのかなどを把握します。

ステップ2:広告の効果を改善する(2〜4ヶ月)

収集したデータをもとに、広告のターゲティングや入札単価などの設定を調整し、広告の効果を改善していきます。

ステップ3:成果を最大化する(4〜6ヶ月)

広告の効果が安定してきた段階で、さらに成果を最大化するための施策を検討していきます。

ただし、商材やサービスの種類、競合状況、予算などによって、成果が出るまでの期間は大きく異なります。

Q.Google広告をやることで自然検索のSEO的な効果はありますか?

結論から言うと、Google広告の実施によって直接的に自然検索のSEO的な効果は期待できません。

Google広告は、検索結果の上の部分に広告枠を表示する有料の広告サービスです。

一方、SEOは、サイトのコンテンツや構造を改善して、検索結果で上位表示を目指す施策です。

Google広告の広告文は、検索結果に表示されるものですが、SEOの評価対象ではありません。

そのため、Google広告を実施しても、SEOの評価が向上することはありません。

ただし、Google広告の実施には、次のようなSEO的なメリットがあります。

サイトの認知度や流入を向上させる

Google広告は、検索結果で上位表示される効果があるため、サイトの認知度や流入を向上させることができます。

これにより、SEOの対象となるコンテンツの閲覧数やリンク数が増加し、SEOの評価が向上する可能性があります。

SEOに役立つデータを集められる

Google広告の管理画面では、広告の表示回数やクリック数、クリック率などのデータを確認することができます。

これらのデータは、SEO対策の参考になる情報となります。

Q.リスティング広告では、GoogleとYahooでどのような違いがありますか?

次の表は、Google広告とYahoo!広告の違いに関する表です。

項目GoogleYahoo!
掲載先Google関連サイトYahoo!関連サイト
ターゲティングキーワード、デバイス、位置情報、年齢、性別、興味関心などキーワード、デバイス、位置情報、性別、興味関心など
広告表示オプション画像広告、動画広告、スマート広告など画像広告、動画広告など
費用CPCCPC、CPM
管理画面Google広告Yahoo!広告

Q.Googleリスティング広告には、どのような商品やサービスが向いていますか?

Googleリスティング広告は、検索結果に表示される広告であり、ユーザーが特定のキーワードを検索した際に、そのキーワードに関連する広告が表示されます。

そのため、ニーズが顕在化している商品やサービスに向いているといえます。

Googleリスティング広告のやり方を覚えて成果を上げよう

Googleリスティング広告は、あなたのビジネスを次のレベルに引き上げる強力なツールです。

初心者でも、基本的なやり方を理解し、適切に運用することで、顕著な成果を得ることが可能です。

次のポイントを押さえ、効果的な広告キャンペーンを展開しましょう。

\Google広告運用の7つのポイント/

項目詳細
目標を明確に設定するビジネスの具体的な目標を定め、それに合わせた広告戦略を立てましょう。
ターゲットオーディエンスを明確に定めるターゲットとなるオーディエンスの特性を把握し、適切なターゲティングを設計しましょう。
キーワードの選定を慎重に行う効果的なキーワードを選び、広告のリーチを最大化します。
予算を適切に管理する日々の予算を設定し、広告のパフォーマンスに基づいて調整します。
ランディングページ(LP)を最適化する検索意図と一致する魅力的なランディングページを用意し、コンバージョン率を高めます。
定期的な分析と最適化を行う広告の効果を定期的に分析し、必要に応じて最適化を行います。
運用方法を定めるビジネスのニーズに応じて、インハウス運用か外部委託かを選択しましょう。

Googleリスティング広告を効果的に運用することで、ウェブサイトへのトラフィック増加、リード獲得、売上向上など、多くのビジネス目標の達成が期待できます。

初心者でも、これらの基本を押さえることで、広告運用の世界で成功する第一歩を踏み出すことができるでしょう。

あわせて読みたい
Googleリスティング広告とは?やり方を初心者向けに解説【自分で簡単にできる】
Googleリスティング広告とは?やり方を初心者向けに解説【自分で簡単にできる】
ABOUT ME
TAKUMA OKA
TAKUMA OKA
トラベルライター
SEO・AI・英語学習が大好きなWebマーケターです。フィリピン(マニラ)外資系企業で『日本人SEOスペシャリスト』として勤務。フリーランスとして7年間の活動経験あり。サイトM&AやKindle出版、Udemy講師の経験も。元航空自衛官。世界20カ国ほど放浪してフィリピンに落ち着きました。
記事URLをコピーしました