プログラミング

Ruby入門|初心者におすすめの書籍やサービスサイトをご紹介!

Hello!
トラベルライターのTAKUMAです。

Udemy教材を活用して今年の1月から約半年ほど、Web関連に役立つプログラミング言語の学習を続けています。

そこでは今回は今ちょうど学習しているセッションである「Ruby」について、初心者でも分かりやすくまとめてみました。

Rubyはエンジニアの中でもかなり需要の高いプログラミング言語の一つで、日本人が開発した数少ない言語でもあるので、初心者でも大変分かりやすいのが特徴です。

TAKUMA
TAKUMA
今回は今まで学んだことを、アウトプットを兼ねてまとめていまよ!

<この記事はこんな人におすすめ>

  • これからRubyを学習しようと思っている方
  • Rubyについて基礎的なことが知りたい方
  • Rubyではどのようなものが作れるのか知りたい方

Rubyの知っておきたい基礎的な知識

Rubyと一言でいっても分かりにくいと思いますが、基本的には「Webアプリケーション」を開発するために必要なプログラミング言語という認識で良いと思います。

Rubyは日本のエンジニアの中では、プログラミング言語を学ぶならPHPかRubyのどちらかだろう、と言われるほど人気の言語の一つですね。

もともと国産のプログラミング言語なので、ネット上に日本語対応の解説サイトが多く、初心者でも勉強しやすい特徴があります。

そういった点も兼ねて、エンジニアを志している方の多くがRubyを学習対象として選ぶ方も多いですね。

Rubyでできること

Rubyはかなり汎用性の高いプログラミング言語で、様々な用途で活用することができます。

主な用途としては、以下の8つですね。

  • webアプリケーション
  • SNS
  • ブログ
  • オンラインショッピングサイト
  • API(アプリケーションプログラミングインターフェース)
  • スクレイピング
  • スマホアプリ
  • 機械学習

有名どころでいうと

  • クックパッド
  • hulu
  • Twitter

の3つのサイトがRubyを活用した構造になっています。

大手の上記のようなサイトやSNSでもRubyが活用されているので、かなり利便性が高いプログラミング言語であることが伺えますね。

Rubyを使ったMacでの開発環境作り

私が利用しているUdemyの学習教材では、Amazonが提供しているAWS(アマゾンウェブサービス)を無料活用して、その中にあるツール「cloud9」を活用してコードを書いています。

正直、MacでもWindowsでもcloud9は活用することができるので、実質誰でも簡単にRubyの開発環境作りはできるわけですね。

特にRubyは前述したように、もともと日本人が開発したプログラミン言語なので開発環境に至っても、日本語で解説してあるブログ記事や公式サイト等もあり、大変分かりやすいです。

Ruby入門初心者におすすめのAmazon本

個人的には本でRubyを学ぶよりも、Udemyやドットインストール等の動画教材で学ぶのが好きなのですが、Amazon本にも良いのがあったので1冊だけご紹介します。

超初心者の方にもおすすめのRubyの入門書で、ある程度学習を行なっている方であれば必要ないかも知れませんね。

それでも復習にはなるので、Kindle版で購入してから読むとかなりお得です。

「え、プログラミングってなに?」という方であっても、かなり分かりやすくRubyの開発環境から丁寧に解説されているので大変分かりやすいです。

Ruby入門学習に使えるおすすめサービスサイト

RubyをWebに公開されているサイトで学習するなら、おすすめは

の3択ですね。

私はUdemyでRubyを始めとしたWeb周りのプログラミング言語を、何個か学習していますが、動画解説でありながら質疑応答もできるので大変分かりやすいです。

最初の一年ぐらいはプログラミグの「ぷ」の字も分からない状態から、取り敢えずProgateでゲーム感覚でプログラミングに触れ、今は開発環境からしっかりと理解するためにUdemyの学習教材を利用しています。

どれから取り組むかは人それぞれですが、最初は独学で本でもサイトでも取り敢えず一つに絞って学習に取り組んでみてください。

TAKUMA
TAKUMA
アレもコレも同時進行でやっていたら、混乱するので最初は一つの教材に絞って学習した方が効率が良いですよ!

Rubyの学習方法としてはスクールを利用するのもアリ!

くまさん
くまさん
 一人で淡々と学習するのは、モチベーションの維持が難しい…。

こういった方は、オンラインのプログラミグスクールを活用するのがおすすめですね。

今はたくさんのオンラインスクールサイトがあるため、どこが自分に合っているのか迷うかも知れません。

プログラミングスクールのメリットとしては、

  • 学習のモチベーションが維持しやすい
  • 分からない事はすぐに聞ける環境にある
  • 学習の目標設定をしっかりと考えて、サポートしてくれる
  • 転職したい方には、企業も紹介してくれる
  • フリーランスの方には、案件の取り方や仕事の流れなどを教えてくれる

などなど沢山あります。

逆にプログラミグスクールのデメリットとしては、

  • お金がかかる
  • カリキュラム通りに学習しなければならない

スクールの利用はかなり近道にも思えますが、決して安くない自己投資になりますね。

さて、以上のメリットとデメリットを理解した上で、数多くのプログラミングスクールからおすすめを3つに絞ると以下のようになります。

  1. GEEK JOB(完全無料で転職までサポート/20代限定)
  2. TechAcademy (オンライン完結。初心者向けスクールの定番)
  3. TECH::CAMP(オンライン/オフライン両方OK。学び放題)

あなたが20代であれば①の転職までサポートしてくれる「GEEK JOB」がおすすめ。

オンラインでサクッと学びたいだけという方は、「TechAcademy」が良いでしょう。

逆に、オフラインで学びたいという方は、「TECH::CAMP」が学び放題なのでおすすめですね。

TAKUMA
TAKUMA
あなたの学習目的や学習スタイルに合わせて、プログラミングスクールを選ぶことが大事ですよ!

Rubyを覚えて稼げるエンジニアを目指そう!

Rubyはかなり人気の高いプログラミング言語の一つで、言語別に見た年収もかなり順位は上の方にある稼げるプログラミング言語の一つです。

将来はエンジニアとしてガッツリ稼ぎたいと考えている方は、是非ともRubyの学習から取り組んでみてくださいね。

前述した通り他のプログラミング言語よりも初心者の方であっても学習しやすいですし、Web上にも様々な記事が日本語で解説してあるので、比較的分かりやすいと思います。

TAKUMA
TAKUMA
私も今まさにRubyの学習を行なっていますが、コードが短い上に開発環境もかなり簡単に構築できるのでおすすめですよ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください