農業

【シェア畑】都市と農業をつなぐ!農園を自分で管理して野菜作り体験




こんにちは、TAKUMA(@TAKUMA43330075)です。

東京に若者が集まる中で、地方ではたくさんの市町村が限界集落となり一次産業に大きな影響を与えています。

そんな中で、少しでも都会の人たちに「農業」に関心を持って貰うために最近「シェア畑」と言われるサービスが流行りだしています。

シェア畑とは?

畑を借りて野菜作りを楽しむ畑のレンタルサービスです!

今回は、そんな農業に関心を持って貰うきっかけともなりえる「シェア畑」についてサクッとご紹介致します。

気軽に野菜が栽培できる!

シェア畑の良いところは、畑自体が都市部の周辺にあり気軽に行くことができるところです。

その他にも、農機具や野菜の栽培に必要な道具はすべて揃っているので毎回手ぶらで畑に訪れることができます。

また、野菜の栽培に関しては、プロのアドバイザーがしっかりとサポートしてくれるので、安心して誰でも簡単に野菜作りに挑戦することができます。

普通だったら、これら一から全部自分1人で行わないといけないのが、すべてサービスに含まれているので大変お得です!

もちろん、このシェア畑を活用して(お金を稼ごう!)とお考えの方には採算が合わないサービスですが、このシェア畑は「お金」よりも「経験」を重要視しているサービスなので、普段は土に触れたりとかしないような方には大変貴重な体験になると思います。




都市と農業をつなぐ

大都市では、多くの農産物が地方から輸送されて店頭に販売されています。

そのため、多くの大都市で育った子供達は採れたての野菜や果物といったものを食べたことがないのが現状です。

そんな子達が、(将来は、農業にたずさわりたい)と思うでしょうか?

もちろん、僕みたいに農家の家に生まれても農業をやっていない人間もいますが、そういった農業に限らず一次産業の現場に足を運んで自分で体験したことがある人とない人では、食べ物の見方も変わってくると思います。

そう考えると、「シェア畑」のサービスは食育にも繋がってきます。

実際に、土に触れて普段口にしている野菜がどのように成長し、自分たちの食卓まで運ばれてくるのか大変勉強になると思います。

まずは、「知ってもらう」ことが一番大事なことなんです。

この「シェア畑」を通じて、農地を保全し、都市に住む人たちの農業への理解・関心を醸成することで、日本農業の発展に貢献できると考えています。

出典:シェア畑より

様々な農業体験がある

「シェア畑」は農業体験の一種ですが、そのほかにも様々な体験サービスがあります。

  • 日帰り収穫農業体験
  • 中期型農業体験
  • 長期型農業体験

これらに関しては、詳しく以下の記事にまとめてありますので、是非とも(農業に興味があるよ!)って方は参考にしてみて下さい。

個人的には、ガッツリ中長期で参加してクラウドソーシングやブログなどで小遣い稼ぎしながら、農村でゆっくり暮らすのもアリだと思います。

シェア畑を活用して自分で野菜を作ってみよう【まとめ】

野菜を自分で一から作って食べてみる!

これだけでも、普段から自分が口にしている食べ物に対する意識が変わると思いますし、農家さんたちがどのように栽培管理しているかも分かると思います。

シェア畑では、栽培する野菜のすべてが無農薬なので、その場で丸かじりできるのも醍醐味の一つです。

是非とも、美味しい野菜を作ってみて下さいね。

でわまた。





COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください