ブログ

【レンタルサーバーとは?】初心者におすすめのサービスを徹底解説!

Hello!
トラベルライターのTAKUMAです。

自身のブログや自社のポートレートサイト(公式サイト)等を作成したい時に役立つレンタルサーバーをあなたはご存知でしょうか?

今や多くの方がレンタルサーバーを利用しWordPressをインストールして、サイト作成を行なっているのですが、サイトを作成する際に重要になるのがレンタルサーバーなんです。

今回はそんな「レンタルサーバー」に関して、初心者でも分かりやすいようにその選び方や種類、レンタルサーバーとはなんなのか等について詳しく解説していきます。

TAKUMA
TAKUMA
私もレンタルサーバーを利用して3年目になるので、経験をもとに詳しくご紹介していきますね!

目次

レンタルサーバーとは?

レンタルサーバーとは、簡単に言ったら自宅を建てるための「土地」にあたります。

サイトを作るためには自宅を建てる時と同じで、

  • 土地=レンタルサーバー
  • 住所=ドメイン

の2つが必ず必要になります。

サイトを作りたいと思った場合は、まずはこのレンタルサーバーとドメインを取得するところから始まるわけですね。

レンタルサーバーの役割

レンタルサーバーの主な役割としては、データを常時保存しておく場所として利用できます。

“レンタル”のサーバーということで、データの管理は全てサービス会社で行ってくれるので、安心して任せられる点が大きなメリットですね。

また、ユーザーがあなたのサイトを見たいと思って、開こうとした際にもレンタルサーバー会社がしっかりとリンクしてくれて、あなたの保存しているデータを提示してくれる役割もあります。

レンタルサーバーの仕組み

レンタルサーバーの仕組みを簡単に言うと「サーバーを貸し出す(レンタル)するサービス」と言うことです。

読んで字の如くですが、このレンタルサーバーは多くの企業や個人が利用しており、大変便利で扱いやすいサービスなのです。

大元のサーバー自体をしっかりと管理して、あなたに合ったサービスプランを提供してくれるので初心者の方でも簡単に利用することができますね。

レンタルサーバー とドメインの関係性

レンタルサーバー とドメインの関係性についてですが、前述した通りレンタルサーバー が土地にあたるならば、ドメインはその土地を示すための「住所」にあたります。

レンタルサーバー がなければ、サイトは立ち上げる事はできませんし、ドメインがなければユーザーはあなたのサイトに辿り着く事ができません。

双方ともに、サイトを作るにはとても重要な役割を果たしているのですね。

また、レンタルサーバー を契約する際にドメインと関連づけるために行う「DNS設定」というものがあります。

DNSとは、Domain Name System(ドメイン・ネーム・システム)の略語で、これを設定していないとあなたのサイトは無人島のような状態になり、誰も訪れてくれません。

レンタルサーバーを借りる理由とは?

くまさん
くまさん
 レンタルサーバーって必ず借りないといけないの?その理由を教えて?

レンタルサーバーを借りる大きな理由としては、5つあります。

  1. SEOに強い
  2. 他人に影響されない
  3. 無駄な広告表示がない
  4. ドメイン力でサイトが強くなる
  5. 自分の資産になる

これだけ見ても初心者の方は、何がなんだか分からないと思うので以下からそれぞれ詳しく説明していきますね。

レンタルサーバーを借りる理由①:SEOに強い

レンタルサーバーを借りることで、SEOに強いサイトを作ることができます。

ここで言う”SEO”とは、Googleが検索ユーザーによりためになるサイトや記事を提示するための施策のことをさします。

SEOに強いサイトを作ることで、検索からくるユーザーの数を大幅に増やすことができるのですね。

レンタルサーバーを借りる理由②:他人に影響されない

レンタルサーバーを借りることで、他人からの鑑賞がなくなります。

サーバーとドメインを独自で契約して管理することで、他者から関与されることなく自由にサイト設計を行えるわけですね。

サイトのオーナーはあなた自身ですので、ストレスなく自由にデザインすることが可能です。

レンタルサーバーを借りる理由③:無駄な広告が表示がない

レンタルサーバーで作ったサイトには、無駄な広告が表示されません

自分で広告を添付しない限り、他社の製品やサービス等の広告は提示されないのでよりユーザーに最適なサイトを作成することができるでしょう。

逆に無料のサーバー等を利用する方は、広告表示が行われるので注意してください。

レンタルサーバーを借りる理由④:ドメイン力でサイトが強くなる

レンタルサーバーを利用することで、ドメインの力を遺憾なく発揮できます。

ここで言う”ドメイン力”とは、これまであなたが作成してきたコンテンツの数やサイトの運営歴、外部リンク(他のサイトに添付されているあなたのドメインの数)等に比例します。

ドメイン力が強くなることで、SEO的に評価され検索表示でも上位表示されることが多くなりますね。

レンタルサーバーを借りる理由⑤:自分の資産になる

最後に、レンタルサーバーを利用することで、あなたのサイトは自分の資産になります。

サイト自体があなたの代わりに商品やサービスを広告してくれて報酬をもたらし、尚且つレンタルサーバーを利用して作ったサイトはあなたが契約を解除するまで永遠に残ります。

ですので、未来永劫ずっとネット上に残り続けることになるのですね。

レンタルサーバーの種類

レンタルサーバーの種類としては、大きく分けて4つあります。

  1. 共用サーバー
  2. 専用サーバー
  3. VPS(仮装専用サーバー)
  4. クラウドサーバー

それぞれ特徴が違い、どれを利用するかはあなたがどのような用途で利用するかによるので、ここでそれぞれの種類の特徴をしっかりと把握しておくことが大事になりますね。

以下から分かりやすく解説していきます。

レンタルサーバーの種類①:共用サーバー

レンタルサーバーを利用している方の多くが利用している「共用サーバー」

特徴を一言でいうと、”1台のサーバーを何人かの利用者で一緒に使う”といったところでしょうか。

とにかくレンタルサーバーを安く利用したい方におすすめで、多くの人たちが共用サーバーを利用しています。

レンタルサーバーの種類②:専用サーバー

専用サーバーの特徴は、“1人1台のサーバーを利用できる”と言うことです。

共用サーバーとは違い、一つのサーバーを一人で利用できるので大変使える容量が大きく、スペックも高いことが大きな特徴ですね。

企業のポートレートサイトなどによく使われているサービスです。

レンタルサーバーの種類③:VPS(仮装専用サーバー)

VPS(仮装専用サーバー)とは、共用サーバーと専用サーバーの特性を合わせ持つサービスです。

一つのサーバーを一人で利用できるほか、共用サーバーのようにメンバー間でシェアして利用することも可能になっています。

大きなプロジェクトでサーバーを利用する際に、利用されている大変利便性の高いサービスですね。

レンタルサーバーの種類④:クラウドサーバー

クラウドサーバーとは、基本的にはVPSと同じなのですが機能面で自由に後で追加できたり、除いたりと自由にカスタマイズすることが可能になっています。

“クラウド”ということで、契約後もかなり自由性が高く複数人で利用することもできますし、容量が大きく機能性も高いので法人でよく利用されるサービスの一つですね。

レンタルサーバー でできること

レンタルサーバーでできることと言えば、大きく分けて以下のようなことが挙げられます。

  • 自身のブログが作れる
  • 法人で使うポートレートサイトが作成できる
  • 大型のECサイトも作れる
  • アフィリエイトビジネスが出来る

基本的にはサイト制作に利用されることが多く、利用者は個人から法人まで多岐にわたります。

私自身も3年ほど利用していますが、個人の資産にもなりますし、ライターやエンジニアの方はレンタルサーバー を活用して作ったブログ自体がポートフォリオ(実績)としても活用できますね。

レンタルサーバー で作成したサイトの用途は様々なので、無料サーバーを利用するよりかはかなり用途は広いと言えるでしょう。

レンタルサーバー にはWordPressがおすすめ!

レンタルサーバーを利用する方の多くが今は、WordPressを利用しています。

WordPressとは、無料で使えるブログソフトウェアの一つで、私のこのブログもWordPressを利用していますよ。

WordPressの特徴的には、主に以下のようなことが挙げられます。

  • 世界的に60%のシェアを誇っている
  • 利用は無料
  • 初心者の方でも簡単に操作できる
  • サイトのデザイン性が高い

また、WordPressのようなブログソフトウェアを「CMS(コンテンツ管理システム)」とも呼びます。

レンタルサーバー によってはWordPressに特化したサービスサイトや逆に、WordPressに対応していないサービス等があるので注意が必要です。

レンタルサーバー 5つの選び方

レンタルサーバーの選び方としては、大きく分けて5つあります。

  1. あなたの用途に合っているか
  2. 機能は最適か
  3. サポート面は充実しているか
  4. プラン料金は適正か
  5. WordPressに対応しているか

初心者の方だと上記の項目をしっかりと確認できれば、あなたに合ったレンタルサーバー を選ぶことができるでしょう。

熟練者になるとしっかりと機能面を細かく比較するのですが、そこはある程度決まった項目だけ確認できれば今はOKです。

それでは以下から一つずつ見ていきましょう。

レンタルサーバーの選び方①:あなたの用途に合っているか

レンタルサーバー 選びで最も大事になるのは、あなたの用途に合っているかどうかですね。

レンタルサーバー の種類のところで、ご紹介した通り一言でレンタルサーバー といっても様々あることが確認できたと思います。

個人ブログ程度であれば「共用サーバー」で十分ですし、法人企業の会社のサイトを作成する場合は「専用サーバー」等を利用した方が良いでしょう。

レンタルサーバーの選び方②:機能は最適か

レンタルサーバー にはそれぞれのサービスサイトでプランが設定されており、プランごとに使える容量と機能が異なります。

機能面は様々な確認項目があるのですが、初心者の方はまずは通信速度の速さ(サイト表示の速さ)だけ確認できればOKですね。

細かく見ていくとキリがないので、ここはそれだけきちんと確認しましょう。

レンタルサーバーの選び方③:サポート面は充実しているか

レンタルサーバーサイトではそれぞれ、サポート体制が異なります。

24時間365日しっかりとサポート体制が敷かれているところもあれば、平日しか対応してくれないところもあります。

サイトを運営していると、思わぬトラブルやエラーなどが起こり得ますのでしっかりとその時に対応してくれるレンタルサーバー が良いですね。

レンタルサーバーの選び方④:プラン料金は適正か

レンタルサーバー サイトには様々なプランが用意されています。

中には数万円するプランもあれば、数百円でハイスペックなプランを利用できるサービスサイトもあります。

そのように、プランによって料金が異なりますのでしっかりとその内容を理解し、他のサイトと比較してからお得に利用しましょう。

レンタルサーバーの選び方⑤:WordPressに対応しているか

レンタルサーバー には前述したように、WordPressをインストールして利用する方法がおすすめです。

中には、WordPressに特化したレンタルサーバー サービスサイト等も数多くありますので、是非ともそちらをご利用することをおすすめします。

WordPressに対応しているかどうかは、公式サイト等を確認すると一発で分かるので、まずはそちらをご確認ください。

レンタルサーバー でブログに使えるおすすめのサービス

レンタルサーバーを利用して個人ブログを開設している人はかなり多いですが、その人たちがよく使っているレンタルサーバー は以下の3です。

  1. ロリポップ
  2. さくらインターネット
  3. エックスサーバー
TAKUMA
TAKUMA
特に個人的には「ロリポップ」が一番おすすめで、私自身もこのサイトで3年程利用しています。

以下から、詳しくそれぞれのレンタルサーバー の特徴を解説していきますね。

おすすめレンタルサーバー ①:ロリポップ

(低コストで抑えたい!)という方におすすめなレンタルサーバー が「ロリポップ」です。

機能面は抑えられているものの、初めてレンタルサーバー を利用する方や個人でブログを初めて見たい方にかなりおすすめのレンタルサーバー ですね。

初期費用1500円で、月額500円程度から利用できるので大変お得です。

TAKUMA
TAKUMA
私個人も長く利用している一押しのレンタルサーバー です!

ロリポップ公式サイトはこちら!

<こんな人におすすめ>

  • 個人でブログを始めたい方
  • WordPressを活用したサイトを作成したい方
  • 出来るだけコストを抑えたい方

おすすめレンタルサーバー ②:エックスサーバー

サイト作成時に多くの方が利用している大御所のレンタルサーバー サイト「エックスサーバー」。

利用者の多さは業界一といっても過言ではないぐらい、多くの人たちから利用されておりその安定感と安心感から、初心者の方にも熟練者の方にもおすすめできます。

初期費用は3000円で、月額費用は900円からとかなりちょっと高いですが、それでもスペックや安定感は保証します。

エックスサーバー公式サイトはこちら!

<こんな人におすすめ>

  • メジャーなレンタルサーバー を利用したい方
  • 法人のサイトを作成したいと思っている方
  • 安定感と安心感のあるレンタルサーバー を利用したい方

おすすめレンタルサーバー ③:MixHost

高性能でコスパ最強と言われているレンタルサーバー 「MixHost」。

サーバーの特性上、新しい方がスペックが高いと言われているのですが、「mixhost」は最新のため他のレンタルサーバー と比較してもかなりスペックは高い方です。

スマホなどもiphone6よりは、iphoneXの方がかなりスペックは高いですよね?

初期費用0円で、月額費用980円からで利用できるので大変お得です。

MixHost公式サイトはこちら!

<こんな人におすすめ>

  • 最新のレンタルサーバー を利用したい方
  • 出来るだけスペックが高いレンタルサーバーが良い方
  • コスパにとことんこだわりたい方

レンタルサーバー を無料で使えるおすすめのサービス

レンタルサーバー は何も有料のものだけではありません。

無料で使えるサービスもあるので、ここでは無料でまずは試しに活用してみたい人向けにおすすめの無料レンタルサーバー サイトを3つに絞ってご紹介しています。

  1. Xdomain無料レンタルサーバー
  2. スターサーバー
  3. XREA Free

こちらも同じように、それぞれ一つずつ特徴を解説していきますね。

無料のおすすめレンタルサーバー ①:Xdomain無料レンタルサーバー

エックスサーバー社が運営しているこちらの無料レンタルサービス「Xdomain無料レンタルサーバー」では、無料ながら1GBの容量を利用することができます。

WordPressのインストールも可能で、普通に個人ブログも開設することが可能です。

エックスサーバー社が運営しているので、安心して使える無料のレンタルサーバーですね。

Xdomain公式サイトはこちら!

<こんな人におすすめ>

  • 大手のが運営している無料レンタルサーバー を利用したい方
  • WordPressを利用したいと考えている方
  • 出来るだけ容量が大きい方が良い方

無料のおすすめレンタルサーバー ②:スターサーバー

スターサーバー」もレンタルサーバー 大手である、”ネットオウル社”と呼ばれる会社が運営している無料のレンタルサーバー サイトです。

スターサーバーの特徴は何と言っても、他の無料レンタルサーバー のように他社の広告が自動で勝手に配信されないということです。

また、ユーザーの選択肢の多さとスペックの高さも、スターサーバーの特徴の一つですね。

スターサーバー公式サイトはこちら!

<こんな人におすすめ>

  • 企業の広告が自動挿入されない方が良い方
  • カスタマイズが比較的自由にできる方が良い方
  • 大手のネット企業が運営しているサービスサイトが良い方

無料のおすすめレンタルサーバー ③:XREA Free

最初にご紹介したXdomain無料レンタルサーバーに引けを取らない無料のレンタルサーバー 「XREA Free」。

XREA Freeは2017年に最新システムへの移行が行われ、リニューアルした比較的新しいレンタルサーバー サイトです。

使えるサーバーの容量などもかなり多い方なので、Xdomain無料レンタルサーバーと比較しながら、どちらがご自身に合っているか決めると良いでしょう。

<こんな人におすすめ>

  • 出来るだけ容量の多いレンタルサーバー を利用したい方
  • 大手の企業が運営しているサービスを利用したい方
  • 最新のレンタルサーバー を利用したい方

レンタルサーバーを活用して楽しくサイト作成に取り組もう!

レンタルサーバー はサイトを作る上では欠かせない重要なものなので、しっかりと選ぶ際にはご自身の用途に合った良いサービスを選ぶようにしましょう。

サーバーとドメインはサイトにとっては土台のようなものなので、自宅を建てる時と同じで地盤が悪いといくらその上に立派な家を建てたとしても簡単に崩れてしまいます。

そうならないで良いように、レンタルサーバー とドメインに関しては慎重に比較しながら自分に合ったものを選ぶようにしてくださいね。

TAKUMA
TAKUMA
レンタルサーバーとドメインさえ取得できれば、簡単にブログは作れるので是非とも興味のある方はチャレンジしてみてください!