ライティング

Webライターにおすすめのエージェントは”クラウドテック”一択!

Hello!
トラベルライターのTAKUMAです。

フリーランスのWebライターになって早3年が経ちますが、正直クラウドソーシングサイトの利用だけでは限界があります。

私自身はクラウドワークスを3年ほど利用しているわけですが、そこから得ている収益は毎月約8万円程度です。

これだと実家暮らしもしくは、東南アジアの物価の安い国でしか生活できませんよね。

今は収入のほとんどは直接契約でやり取りしているお仕事の方が、メインとなっているわけですが駆け出しのライターはまず実績がないので買い叩かれるのがオチです。

そこで今回はそういったライターさんたちが安定的に稼げるために、おすすめできるエージェントサイトを詳しくご紹介して行きます。

クラウドテックについて詳しく調べる

<この記事はこんな人におすすめ>

  • フリーランスのライターとして働いている方
  • フリーランスに憧れてるけど、何からしていいのか分からない方
  • フリーランスのライターだけど、仕事に困っている方

フリーランスが良く使っているエージェントサイトとは?

ライターに限らず、エンジニアやデザイナー等も積極的に活用しているのがエージェントサイトです。

もちろん、クラウドソーシングサイトを活用しても良いのですが、エージェントサイトにはクラウドソーシングサイトよりも安定した案件が公開されているので、収入面で不安がある方には大変おすすめのサービスですね。

エージェントサイトの特徴を分かりやすく解説すると、

  • 専属のエージェントがあなたに合った案件を紹介してくれる
  • 中・長期的な高額案件が多い
  • 採用後もしっかりとフォローしてくれる

などが挙げられます。

ある程度実績やスキルがあれば、クラウドソーシングサイトのように買い叩かれることもないですし、しっかりとエージェントが会社とあなたの間に入って、やり取りしてくれるので安心して利用できます。

エージェントサイトの利用はフリーランス初心者には難しいのでは?

正直これは私も駆け出しのフリーランスライターの頃に、エージェントサイトの案件を見て同じように感じました。

エージェントサイトの案件の特徴的には、エンジニアやWebデザイナー等の案件が多くライターの案件は限りなく少ないんですね。

あったとしてもかなり高度なスキルや、実績が求められる場合が多いです。

といってもそれは数年前の話なので、今は昔よりもエージェントにもライター案件は増えてきた方だと感じています。

クラウドソーシングサイトに提示されている案件と違って、エージェントサイトの方で一度案件を受注すると、ある程度は安定した収入が得られるようになるので根気強く探してみてくださいね。

クラウドソーシングだけではフリーランスは生計を立てるのは難しい

気軽に主婦でも副業として始めれると話題のクラウドソーシングサイトですが、実際には前述した通りそんなに簡単に稼げるわけではありません。

3年間利用していて受注実績が177件あっても、収益は月々平均8万円程度なので全くの0から始めても消耗するだけです。

TAKUMA
TAKUMA
僕の場合は受注実績を上げるのが楽しくて、今も継続して取り組んでますw

(出来るだけ短時間で稼ぎたい!)と考えている方は、クラウドソーシングには登録だけして、良い条件だけの案件にのみ絞って行い、後は自分で直接営業をかけた方が正直稼げます。

その際はブログやTwitter等も行っていた方が、クライアントに対してアピール材料になるのでおすすめですね。

営業ツールを複数持っていた方がフリーランスは有利に働ける

エージェントサイトにしてもクラウドソーシングサイトにしても、それらはフリーランスが仕事を取得するための手段に他なりません。

しかしながら、そういった営業ツールの存在を複数知っておいた方が、フリーランス的には仕事を取得しやすいのです。

もちろん一番良いのは直接契約ですが、駆け出しの方や実績やスキルにまだまだ自信がないフリーランスの方は、エージェントやクラウドソーシングをフル活用して稼ぐのが得策ですね。

最初から直接企業へ営業をかけても、アピールできる材料がないのでまずは、クラウドソーシング等のプラットフォームを活用して、実績を作るところから始めてみてください。

もちろん、個人で運営しているブログ等でも結構です。

TAKUMA
TAKUMA

ブログ自体がポートフォリオ(実績)になるので、フリーランスの方は是非とも個人で開設してみてくださいね!

また、今だとYouTubeチャンネル等も個人で開設して、コンテンツを継続的にアップしておくとそこから仕事が生まれたりもするみたいですよ。

Webライターにおすすめのエージェントサイトはクラウドテック一択!

エージェントサイトの多くは前述した通り、エンジニアやデザイナーをターゲットにした案件が多いのが特徴です。

ライターを募集している案件を取り扱っているエージェントは、今のところ私が知っている中では、大手クラウドソーシングサイトであるクラウドワークスが運営している「クラウドテック」だけなんですね。

クラウドテックで公開されているWebライター案件は、以下のような感じです。

クラウドテックの「Webライターのフリーランスの案件一覧」を覗いてみたところ、ヒットした案件は43件

フルリモートOK!の案件もありますし、公開されている案件の報酬額も月収20万円以上が多いですね。

月収20万〜30万円も貰えたら普通にフリーランスとして活動していけるので、一つでも案件に採用されれば収入面はかなり楽になります。

中には上場企業が出している案件もあるので、最高で月収60万円まで保証されているみたいですね。

ただ、詳しい業務内容等を見ていたら初心者のフリーランスWebライターにはちょっと難しいような気もしますが、取り敢えず登録だけはしておいた方が後々良いと思います。

クラウドテックのメリットとデメリット

くまさん
くまさん
 クラウドテックがWebライターにおすすめのエージェントサイトということは分かったけど、実際にどんなメリットとデメリットがあるのか教えて欲しいんだけど。
TAKUMA
TAKUMA
クラウドテックのメリットとデメリットに関して、以下に詳しくまとめてみたので参考にしてみて!

クラウドテックのメリット

  1. 毎月安定した収入が得られる
  2. 報酬の支払いが最短15日で早い
  3. 希望のワークスタイルに合った仕事が見つかる
  4. 専属のキャリアサポーターがサポートしてくれる
  5. 保険や特別な待遇を受けることができる

クラウドテックではクラウドワークスで公開されている案件とは違い、中・長期で働ける案件しかないため、比較的安定的に収入を得ることができます。

支払いに関してもクラウドワークス同様、毎月15日に行われるので大変スピーディ。

そして、エージェントサイトなのでしっかりとキャリアサポーターがあなたをサポートしてくれます。

フリーランスになると気になる保険等もしっかりとカバーしてくれるとても魅力的な制度も完備されているので、安心して業務を行えますね。

クラウドテックのデメリット

  1. 契約は数カ月ごとなので安定しているとは言えない
  2. 紹介料(マージン)を20%程度取られる

クラウドテックで公開されている案件は、基本的には数カ月ごとの契約なので契約更新されないと安定して働けるとは言えません。

そして、案件の多くは完全リモートではなく、週に2〜5回ほど出社しないといけない場合が多いので、(普通の会社員と変わらないのでは?)と感じてしまう人も少なくありませんね。

クラウドテックでは、紹介料として公式には公開されていませんが最大で20%ほどマージンを取られるので、その点もデメリットの一つとして挙げられます。

取られる紹介料(マージン)は、案件によって違ってくるのではっきりとは分かりません。

Webライターはエージェント”クラウドテック”を活用しよう!

これだけ多くのエージェントサイトがある中で、フリーランス向けのWebライターの案件を扱っているエージェントサイトは本当に少ないです。

私が知らないだけかもしれませんが、今回ご紹介した「クラウドテック」以外ではほぼ一件もライター案件を取り扱っていませんでした。

エージェントサイトで一件でも契約できれば、フリーランスのWebライターにとってはかなり大きな収入源になるので、是非ともクラウドテックに登録してあなたに合った案件に応募してみてくださいね。

クラウドテックについて詳しく調べる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください