九州男児(管理者)のプロフィール
イタリア

【格安】イタリア4大都市観光旅行には1ヶ月予算30万で十分行ける

ボンジョールノ!

1ヶ月かけてイタリア4大都市観光巡りをしてきたTAKUMA(@TAKUMA43330075)です!

日本人の多くが、憧れてやまないヨーロッパの国の一つイタリア。
人生で誰もが、一度は行ってみたいと思ったことは1度や2度では無いはずですよね。

今回は、そんなイタリアの4大都市を1ヶ月間観光するのに必要な経費についてサクッとご紹介したいと思います。

実際には、総額として一人旅であれば30万円もあれば十分観光して回れますよ。

TAKUMA
TAKUMA
イタリア料理やサッカーが好きな人には、たまらない場所だよね!

 

レオくん
レオくん
アート文化もとても素晴らしいから、是非とも一度は訪れて欲しい国だよ

 

イタリア4大都市観光に必要な経費について

航空券 8〜10万円程度(LCC)
宿泊ホテル 9〜12万円程度(booking.com又Airbnb)
各都市間の移動 3〜4万円程度(国鉄を利用)
食費 1〜3万円程度
おこずかい 5〜8万円程度
26〜37万円
TAKUMA
TAKUMA
僕の場合は、総額29万円弱かかったね!

 

レオくん
レオくん
1ヶ月間ヨーロッパのしかもイタリアの4大都市を観光しようと思ったら、ツアーだと50万円とかするよ

 

あまり贅沢しないなら、最低でも26万円程度あればイタリア4大都市を1ヶ月間観光することができます。

ポイントは、いかに航空券を安く取得するかということと、各都市の宿泊ホテルをいかに安く抑えるかにかかっていますね。

また、宿泊ホテルについては各都市の中心地だととても高いので、これも半年前から抑えておくようにしましょう。

また、宿泊ホテルを予約する際のおすすめは、Booking.comAirbnbです。

以下の記事で、ご紹介しているので是非とも活用してみてください。

Booking.comAirbnbで、宿泊ホテルを予約すると普通にツアーに付帯しているホテルや、航空券の購入時に勧められるホテルに比べると格安で各都市部の宿泊宿を抑えることが出来ますね。

ちなみに、僕が宿泊した場所の写真を全て公開しますと以下となります。

(いいなぁ)と感じた方は、ぜひともご利用くださいませ!

ローマでお世話になったお部屋

ローマでは、Airbnbを利用してマンションの一室を貸してもらいました。

ハウス提供者と同じ暮らしをしていたので、ちょっと英語が苦手な僕にはハードル高かったですが、外にはプールも付いていてとても過ごしやすかったです。

お家賃は、一週間滞在で21,240円ですね。

お部屋の詳細は、こちらからご覧頂けますよ!

フィレンツェでお世話になったお部屋

こちらの可愛らしいお部屋は、フィレンツェの市内に位置した大変立地の良いところでした。

ハウスオーナーもとても親切な方で、英語が苦手な僕には大変助かりましたね。

また、お家賃ですが一週間滞在で27,611円です。

お部屋の詳細は、こちらからご覧頂けますよ!

ベネチアでお世話になったお部屋

こちらは、水の都ベネチアでお世話になったゲストハウスですね。

前述した、お部屋にはキッチンがついていなかったですが、こちらには付いていたので普通に自炊できて食費が抑えることができました。

また、ベットの方は二段ベットとなっており5人部屋でしたがそれ程、不都合はなかったです。

立地もベネチアの都心ど真ん中にあるので、大変各観光スポットまでのアクセスが良いですよ。

そして、気になる滞在費は一週間で31,233円でした。

さすが、観光都市ベネチアとても高いですね。

お部屋の詳細は、こちらからご覧頂けます!

ミラノでお世話になったお部屋

最後、ミランでお世話になったところは元学生宿舎?だったと言われている比較的新しい施設です。

ここで一番嬉しかったことは、朝と夜のご飯がちゃんと出ること。

バイキング形式で出される料理は、毎回レパートリーは似通ってますが、とても美味しかったですね。

また、お家賃は一週間滞在で17,819円でした。

立地も、各観光スポットから近くて総合的に満足です。

ただ、Wi-Fiが少し弱いですね。

お部屋の詳細は、こちらからご覧頂けます!

紹介制度でお得に宿泊ホテルを予約できる!

以下のリンクから、お部屋をご予約頂くと僕の紹介制度のお陰で、お得にお部屋を確保することができます。

  • Booking .comであれば、1,800円プレゼント!
  • Airbnbであれば、3,700円プレゼント!

ぜひとも、活用してみてくださいませ。
ご予約は以下のリンクからどうぞ!

イタリアでの都市間の移動手段は「国鉄」がおすすめ!

都市間の移動手段は、国鉄が個人的には大変おすすめです。

もちろん、日本にもあるような高速バスもありますがイタリアはそのお国柄少し時間にルーズな面があります。

次の都市のホテルのチェックインに間に合わなかったり、時間がかかり過ぎて夜になってしまうのは一人旅にとってはとても不安ですよね。

しかし、イタリアの国鉄であれば時間も的確で電車内もとても快適です。

車内では、移動販売や電源・トイレなど日本と変わらないサービスが受けられるので、とても安心ですよ。

TAKUMA
TAKUMA
バスの到着時間の表示は、1200〜1220の間といった感じになっているからすでに来たのかどうか分かりずらい…

 

レオくん
レオくん
おまけに、無賃乗車が普通に出来るから捕まらないように気を付けて!

 

イタリア滞在中は意外に「食費」がかかる

以外にイタリア滞在中にかかる費用といったら「食費」ですね。

通貨が日本よりも高い上に、滞在先が都市部ということもあって物価高いです。

※だいたい1ユーロ日本円で、130〜140円程度。

宿泊先に、自炊できるキッチンが付いていればなんとか食費を抑えることもできますが、付いてない場合は毎回スーパーに行って購入することになります。

食費を安く抑えたい方は、宿泊宿の予約を取る際にしっかりとキッチンが付いてるかどうかの確認をしましょう。

TAKUMA
TAKUMA
フィレンツェにいた時は、毎日外食していて食費がエライことになったよ

 

レオくん
レオくん
自炊できたらそれが、一番いいね!

 

イタリア4大都市観光のおすすめスポット!

イタリア4大都市を観光する際に、ここだけは行っておきたいスポットや現地の人がよく行く穴場のスポットなどについて各都市記事にしてまとめてますので、是非とも参考にしてみてください。

TAKUMA
TAKUMA
個人的に一つだけ行くとしたら、おすすめは”ベネチア”だね!

 

レオくん
レオくん
僕は、芸術の街”フィレンツェ”かな。落ち着いた街の雰囲気がとても魅力的だよ

 

イタリアの首都”ローマ”

ローマは一日にして成らず。

まさに、この言葉の通りの素晴らしい街ですね。

イタリアの首都でもあるローマには、コロッセオ闘技場・世界最小の国”バチカン市国”等を始めとした名だたる観光名所が点在してます。

TAKUMA
TAKUMA
ローマといったら、何と言っても”バチカン市国”にある美術館には是非ともいってほしいね!

 

レオくん
レオくん
世界最小の国は、中学校の教科書にも載っていたね

 

芸術の都”フィレンツェ”

街の中心部が“世界遺産”に認定されており、ミケランジェロ広場から見下ろす景色はまさに映画の世界!

街の中心部には、有名な橋”ポンテベッキオ”があり世界中の人々が行き交っています。

町中に溢れるアーティストに、あなたも魅了されること間違いなしですよ。

TAKUMA
TAKUMA
ポンテベッキオは、人生で一度は渡ってほしい橋の一つ!

 

レオくん
レオくん
路上には、沢山のアート作品が売られていたね

 

水の都”ヴェネチア”

まさに、水の都と言っても過言ではない事は、訪れたことがある人なら分かるはず!

街には、水路が入り乱れており移動手段は水上バスがほとんど。

こちらも、世界中から観光客が訪れるイタリアを代表する都市なので、市内には観光客しかいないのかと思うほどに人が多い。

それほどまでに、素晴らしい街は訪れたものを魅了する事間違いなしですよ。

TAKUMA
TAKUMA
旅行の計画と時期が合えば、仮面イベントに合わせて行くのもありだね!

 

レオくん
レオくん
町中に、水路があるから落っこちないように注意してね

 

イタリアの大都市”ミラノ”

大都会という言葉が、一番ピタッたりくる街。

まさに、イタリアの経済の中心地と言っても過言ではないどのビルの数々。

また、イタリアを代表するサッカークラブチーム”インテル”や”ACミラン”の試合が観たい方は、是非ともサン・シーロスタジアムに行ってみて!

TAKUMA
TAKUMA
何と言っても、セリエAのゲームは観戦して欲しいなぁ

 

レオくん
レオくん
セリエAとは、ヨーロッパを代表するイタリアのサッカーリーグのことだよ

 

まとめ:イタリア4大都市を存分に楽しもう!

イタリアといえば、世界で一番”世界遺産”が多い国としても有名です。

本場のイタリア料理を堪能したり、イタリアならではのアート文化に触れたりすることもとても勉強になりますね。

また、歴史的に観ても今世紀最大の絵画と言っても過言ではないダヴィンチ“最後の晩餐”があるのもイタリア(ミラノ)です。

中には、滞在期間1ヶ月では足りないと感じる方もいるかもしれませんが、30万円程度あれば存分に楽しめますので是非とも行ってみてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください