TRAVEL

バルセロナ観光モデルコース!1日でサクッと回れるスポット7選

Hola!(こんにちは)

トラベルライター のTAKUMA(@TAKUMA43330075)です!

スペインといえばバルセロナが一番日本人に人気の観光都市ですよね。

そんなバルセロナへ2泊3日で弾丸ツアーをしてきたので、1日でサクッと回れるモデルコースを今回はご紹介したいと思います。

バルセロナ市内には、ガウディが手がけた建築物

  • サクラダファミリア
  • カサ・ミラ
  • カサ・バトリョ

など、たくさんの見所が満載で、実際のところ1日ではとても全て回りきれないのが現状です。

それでも1日しか時間がない人のために、要点だけしっかりと抑えたバルセロナ観光モデルコースを考えて、実際に1日で回ってきたので是非とも参考にしてみてくださいね。

TAKUMA
TAKUMA
バルセロナはヨーロッパの中でも特に人気の高い都市なので、見所はしっかりと抑えておきたいところです!

バルセロナの特徴と魅力

日本人の中にはスペインの首都と間違える方もいるぐらいの認知度を誇る「バルセロナ」。

人口は首都マドリードに次ぐ、スペイン国内で2番目に多い大都市です。

観光都市として世界的にも有名なバルセロナですが、スペイン国内の年間の観光客数は8178.6万人と世界でも2番目に多い観光大国。

その殆どがバルセロナへ集中しており、都内ではドーナツ化現象に悩まされています。

また、気候に関しては地中海性気候のため年間を通して0℃を下回ることはなく、暖かい乾燥した気候が特徴ですね。

観光の目玉としては、バルセロナ市内には「建築家アントニ・ガウディ」が残した建築物が大変多く残っており、世界中からその建築物を一目見ようと集まってきます。

ドーナツ化現象とは、都市の中心地の物価が高騰したことを理由に、郊外へ住民が集中してしまうことを指します。

バルセロナの治安と物価

スペインといえばあまり治安は良くないイメージの方も多いかもしれませんが、都市によっても治安の良し悪しは若干変わってくるので、事前のリサーチは大変重要ですね。

以下に、バルセロナの治安と物価についてまとめたので、是非とも参考にしてみてください。

バルセロナの治安

バルセロナでは観光都市ということで、市内では大変軽犯罪が多いです。

世界治安ランキングでは26位(162カ国中)と上位の方ではありますが、

  • スリ
  • 置き引き
  • 引ったくり

などの犯罪は日常茶飯事。

また、そういった犯罪が起こりやすい場所は

  • ランブラス通り
  • サクラダファミリア周辺
  • ゴシック地区

などが挙げられます。

現地で行動するときは、必ずバックなどは前にかけるようにしてポケットには物を入れないように気をつけてくださいね。

特に夜遅くは女性は一人歩きしないように、注意しておきましょう。

バルセロナの物価

ユーロ高だということもありますが、首都マドリードと比較しても物価はとても高い方ですね。

今だと1ユーロ=130〜140円程度ですが、それでもバルセロナとマドリードを比較すると物価が安いのはマドリードの方です。

観光客が多いということもありますが、お土産品なども見ていたらマドリードの1.5倍しますね。

食料品や日用品に関しては、スーパーなどで購入するとそこまで高くはないのですが、それ以外の場所で買うと良いお値段で売られているのでおすすめしません。

バルセロナ観光モデルコース!1日でサクッと回れるスポット7選

バルセロナ観光モデルコースということで、1日かけて実際に僕が回ったルートをご紹介します。

それぞれの観光スポットがとても近い距離にあるので、サクッと早い人だと午前中には回れますね。

  1. サクラダファミリア
  2. カサ・ミラ
  3. カサ・バトリョ
  4. カタルーニャ広場
  5. ランブラス通り
  6. ラ・ボケリア市場
  7. ピカソ美術館

 

以下から、それぞれの観光スポットついて解説して行きます。

バルセロナ観光モデルコース①:サクラダファミリア

バルセロナ市内のシンボルといっても過言ではない、「サクラダファミリア」。

ガウディが建設したと言われていますが、今だに未完成であり完成は2026年と言われていますね。

実際に僕も初めて自分の目でサクラダファミリアを見学しましたが、とてもつもなく大きく建物というよりは一つの芸術作品に近いような感じでした。

ガウディ曰く、サクラダファミリアは建物でもあり一つの楽器でもあるらしく、そこまで言われると何がなんだか分からなくなりますね。

ちなみにサクラダファミリアの裏はこのような感じになっています。

表と裏で全く表情が違うのもサクラダファミリアの特徴の一つですね。

夜に訪れるとこのようにライトアップされてとても綺麗ですので、昼に一回行ってそのあと夜にまた来るのがおすすめです!

  • 入場料金:29ユーロ
  • 営業時間:9:00〜18:00(11月〜2月)、9:00〜19:00(3・10月)、9:00〜20:00(4〜9月)
  • 定休日:なし

バルセロナ観光モデルコース②:カサ・ミラ

建設当時はマンションのように使われていた「カサ・ミラ」。

こちらも建築家ガウディが建てたもので、その独特はデザインがとても特徴的です。

各ベランダには、海藻のようなデザインが施されており、建築に興味がる方には大変興味深い建物だと思われますね。

実際に現地に行ってみると、建築家の学生が数人見学に来ていたので、やっぱり世界のガウディは今も健在なんだなと感じられました。

動画でも現地の様子を紹介してますよ!

  • 入場料金:20.5ユーロ
  • 営業時間:9:00~18:30(入館可能は18:00まで)(11月5日~2月28日)9:00~20:00(3月1日~11月4日)
  • 定休日:なし

バルセロナ観光モデルコース③:カサ・バトリョ

出典:https://plan-ja.com/2016/09/04/6767

こちらもガウディが手がけた建築物「カサ・パトリョ」。

そのデザイン性の高さからデザイナーなども見学に訪れると言われている建物で、こちらも以前は住宅として活用されていましたが、今は博物館になっています。

実際に僕が訪れた時は、残念ながら修復作業中でした…。

それでも中の見学はできるみたいで、外には長蛇の列が朝から出来てましたね。

中の見学を行いたい方は、早めにきて並んだ方が良さそうです。

サクラダファミリアやカサ・ミラと比較するとインパクトに欠けますが、デザインに興味がる方は是非とも見学に行ってみてくださいね。

  • 入場料金:24.5ユーロ
  • 営業時間:0900〜2100まで(最終入場は2000)
  • 定休日:なし

バルセロナ観光モデルコース④:カタルーニャ広場

バルセロナの中心地と呼ばれている市民の憩いの場「カタルーニャ広場」。

バルセロナ空港や各地の観光スポットまでのアクセスも大変よく、広場の周りにはバズ乗り場がたくさんあります。

広場の周りの建物も大変ヨーロッパをイメージさせる大きな建物が多く、広場の中には大変ユニークなモニュメントなども展示されています。

バルセロナ市内の観光ツアーバスの発着地点でもあるので、ツアーに申し込んでいる方はこちらからスタートすることになるはずですね。

動画でも現地の様子を紹介してますよ!

  • 入場料金:なし
  • 営業時間:なし
  • 定休日:なし

バルセロナ観光モデルコース⑤:ランブラス通り

バルセロナのメインストリートと呼ばれている「ランブラス通り」。

カタルーニャ広場からバルセロナ港まで約1.2kmほど続いている大きい通りで、年間数数千万人の人たちが行き来している有名な通りですね。

通りにはお土産品を販売しているお店や、パフォーマンスをしている人、お菓子やパンを販売している人など沢山の人達で賑わっています。

動画でも現地の様子を紹介してますよ!

  • 入場料金:なし
  • 営業時間:なし
  • 定休日:なし

バルセロナ観光モデルコース⑥:ラ・ボケリア市場

バルセロナで一番大きい市場と言われている「ラ・ボケリア市場」。

市場内にはありとあらゆる食材がずらりと並んでおり、スペインの野菜やお魚が全てここで購入することができますね。

食べ歩きなどしながら、ブラブラと見学するのがおすすめです。

人気の市場なので東京の築地並みに人が多いです。

右も左も食材だらけなので、とても目移りしますね。

バルセロナ港で今日上がってきた魚やイカ、タコなど様々な魚介類が販売されています。

どれも新鮮なので、借りたホテルやアパートもしくはホステルにキッチンがある人は購入して料理するのも良いでしょう。

野菜や魚介類の他にも香辛料やチョコレート、ドライフルーツなどなどありとあらゆるグルメが全て揃っているのが「ラ・ボケリア市場」の特徴ですね。

バルセロナを観光する際には、是非とも立ち寄ってほしい観光スポットです。

動画でも現地の様子を紹介してますよ!

  • 入場料金:なし
  • 営業時間:0800〜2000まで
  • 定休日:日曜日

バルセロナ観光モデルコース⑦:ピカソ美術館

最後にご紹介するのは「ピカソ美術館」です。

一人のアーティストの美術館なんてとても珍しいのですが、世界のピカソだけあってその規模はとてもすごかったですね。

多作と呼ばれていたピカソの作品が沢山展示されており、天才ピカソの芸術性に気軽に触れることができる場所です。

館内はこのようにピカソについて、様々な資料が展示されています。

とても上手いなと感じる絵もあれば、小学生が描いたような絵もあるのでピカソが描くとなんでも芸術に見えて不思議ですね。

特に見てて特徴的だたのが、ピカソのサインですね。

どの作品もサインがされているのですが、そのサインすらも遊び心に溢れていて面白かったです。

芸術に興味がない方も一度は耳にしたことがる「ピカソ」。

天才の代名詞にふさわしい彼の作品を、是非ともここバルセロナで見学してみて下さいね。

  • 入場料金:12ユーロ
  • 営業時間:0900〜1900まで
  • 定休日:月曜日

まとめ:バルセロナ観光モデルコースでサクッと1日で堪能しよう!

世界各地から観光客が訪れるバルセロナ。

市内はどこに行っても観光客で溢れかえっており、とても賑わいがあります。

そんなバルセロナには大変見所が満載なので、是非とも時間がある方はじっくりと見学して頂き、時間がない方は今回ご紹介したモデルコースを参考にして頂けましたら幸いです!

TAKUMA
TAKUMA
充実したバルセロナ観光をお楽しみ下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です