TRAVEL

【制覇】47都道府県の旅行記録と費用まとめ!おすすめスポットもご紹介

この記事では47都道府県を実際に訪れて、特におすすめだと感じた場所だけを、各都道府県ごとに分かりやすくご紹介しています。

すでに訪れた都道府県に関しては、現地の写真とおすすめスポットをご紹介していますので、参考してみてください。

逆に、まだ訪れたことがない都道府県に関しては、これから実際に現地へ赴き情報を埋めて行く予定です。

たくま

せっかく日本に住んでいるのだから、人生で一度は47都道府県のグルメや温泉などを、楽しみたいですよね!

レオくん

とてもいい経験に成りそうだね。

北海道

圧倒的な土地の広さを誇る北海道ですが、正直おすすめしたいスポットが山ほどあってまとまりません…。

私自身はレンタカーを借りて、北海道の北部以外の目ぼしい場所全て回りましたが、特に印象的だったのがニセコエリアです。

また、北海道は四季によって表情が全く違うため、是非とも冬だけではなく夏にも訪れてみて欲しいです。

詳しいおすすめスポットに関しては、北海道カテゴリーの方で記事としてまとめてます。

東北地方

  1. 青森県
  2. 岩手県
  3. 山形県
  4. 宮城県
  5. 福島県

テキスト

青森県

テキスト

岩手県

山形県

宮城県

福島県

関東地方

  1. 茨城県
  2. 栃木県
  3. 群馬県
  4. 千葉県
  5. 埼玉県
  6. 東京都
  7. 神奈川県

テキスト

茨城県

栃木県

群馬県

千葉県

埼玉県

東京都

日本人であれば一度は行ってみたいと考える東京。

私の中で東京といえば、東京タワーが1番最初に思い浮かびます。

実際に東京タワー付近まで行ってみると、より東京へ来た実感を感じることができるでしょう。

その他にも渋谷のスクランブル交差点や、六本木など誰でも知っているような有名なスポットが目白押しです。

神奈川県

中部地方

  1. 新潟県
  2. 長野県
  3. 山梨県
  4. 富山県
  5. 石川県
  6. 静岡県
  7. 愛知県
  8. 岐阜県
  9. 福井県

テキスト

新潟県

長野県

山梨県

富山県

石川県

静岡県

テキスト

愛知県

岐阜県

福井県

近畿地方

  1. 滋賀県
  2. 三重県
  3. 奈良県
  4. 和歌山県
  5. 京都府
  6. 大阪府
  7. 兵庫県

テキスト

滋賀県

三重県

奈良県

和歌山県

京都府

外国人の多くが「桜の木を見てみたい」と口にする際に、1番におすすめするのが京都です。

桜はもちろん春にしか咲いてはいませんが、京都は海外でも東京の次に有名な街であり、多くの観光名所を保有しています。

実際に街を歩いていると外国人観光客がとても多く、日本の古き良き町並みに、多くの人たちが行き交っている姿を目にするはずです。

たくま

修学旅行などで有名な清水寺へは、是非とも一度足を運んでみてください。

レオ

京都の街中を歩いていると、綺麗な着物を着た女性がたくさん歩いているよ。

大阪府

食い倒れの街として有名な大阪。

大阪といえばやっぱりたこ焼きやお好み焼きなどといった、大阪名物が目玉となります。

また、観光するなら是非とも大阪城へ、行ってみて欲しいですね。

最近は都市開発も進んできており、大阪城の周りにはさまざまな施設が新設されています。

“大阪人”という言葉があるように、独特な県民性に驚かされること間違いなしです。

たくま

大阪は1年住んでいた経験があるので、とても懐かしい…。

レオ

長年、大阪に住んでいると、不思議と大阪弁がうつってしまうよね。

兵庫県

テキスト

四国地方

  1. 香川県
  2. 徳島県
  3. 愛媛県
  4. 高知県

四国は大阪からほど近い場所にあり、車でも気軽にアクセスできるエリアです。

個人的なおすすめエリアは高知県。

他の県と比べて四国らしさがとても残っており、高知弁を現地で聞いているとなんだか、坂本龍馬の大河ドラマを思い出します。

香川県

うどん県として有名な香川県では、高松市内でも有名なうどん屋さん「手打十段うどん バカ一代」でバターうどんを頂きました。

お店の詳細やうどんの味の感想などは、noteにてまとめていますので、気になる人は是非ともチェックしてみてください。

徳島県

徳島県といえば、阿波踊りの本場としてとても有名ですよね。

実際に阿波踊り会館では、プロの踊り子さんたちから直接、踊り方を指導してもらいました。

当時は観客が私しかおらず、とても恥ずかしかったのを覚えています。

詳細は、noteにまとめています。

愛媛県

愛媛県といえば”みかん”のイメージが強い人もいると思います。

しかし、意外にも海が近いということもあり、鯛めしがめちゃくちゃ有名です。

実際に私も松山市内で鯛めしを頂きましたが、愛媛を訪れた際には是非とも食べて欲しい一品だと思いました。

詳細に関しては、noteにまとめています。

高知県

高知県といえば、やっぱり”坂本龍馬”ですよね。

写真は坂本龍馬の聖地として有名な”桂浜”です。

周辺には”坂本龍馬記念館”などもあり、日本史好きな人には堪らない場所となっています。

詳細は、noteにてまとめています。

中国地方

  1. 鳥取県
  2. 岡山県
  3. 島根県
  4. 広島県
  5. 山口県

中国地方はとても特徴的な都道府県が数多く点在しており、どこも見どころ満載となっています。

特におすすめは鳥取県です。

鳥取砂丘はもとより、ゲゲゲの鬼太郎や名探偵コナンといった、有名作者の出身地でもあります。

鳥取県

鳥取県は南北に長く伸びている、日本海に大きく面した都道府県の一つです。

北には鳥取砂丘、南にはゲゲゲの鬼太郎や名探偵コナンなどといった観光名所が点在しており、レンタカーなどを借りて一日で回ることも可能です。

たくま

鳥取県はレンタカーを借りて、一日で全ての観光名所を回った思い出があります。

レオ

鳥取砂丘では、ラクダに乗ったり、パラグライダーを体験したりしたね。

岡山県

テキスト

島根県

島根県といえば出雲大社には、立ち寄りたいところです。

島根は日本海に大きく面しており、地元の飲食店では新鮮な海の幸を堪能することができます。

また、日本海の反対側は山々が連なっており、大自然を存分に楽しむことができます。

広島県

広島市には中学の歴史の教科書などで誰もが習ったであろう、”原爆ドーム”をみることができます。

悲惨な過去の歴史を持つ広島県ですが、今は大変都市開発が進んでおり、市内はとても賑やかになっています。

特に一つのビルにお好み焼き屋さんしか入っていない「お好み焼き商業ビル(通称:お好み焼き村)」は、是非とも行ってみて欲しい場所です。

山口県

写真は山口県にある有名な観光スポット「元乃隅神社(もとのすみじんじゃ)」です。

インスタ映えスポットとしても有名な場所であり、名物「瓦そば」なども近くの飲食店で、堪能することができます。

山口県は九州に最も近い本州の都道府県として、誰もが一度は通過したことがある、県の一つではないでしょうか。

九州・沖縄地方

  1. 福岡県
  2. 大分県
  3. 佐賀県
  4. 長崎県
  5. 熊本県
  6. 宮崎県
  7. 鹿児島県
  8. 沖縄県

私の地元でもある九州は観光名所は元より、食べ物もとても美味しいため、どこへ行ってもハズレはないと思います。

特に沖縄県に関しては全国的にも人気が高い場所なので、普段とは違った雰囲気を味わいたいという人には、大変おすすめですね。

福岡県

写真は福岡市にある福岡タワーです。

時期に合わせてイルミネーションが変更されるため、デートスポットとしても大変有名な場所です。

九州最大級の都市として有名な福岡県は、東京や大阪などの大都市からの移住者も大変多いエリアとなります。

また、市内から少し離れた地域には大自然が待ち構えており、都会と田舎の間くらいに住みたいという人にもニーズが高いです。

※福岡県に関する関連記事はこちら

大分県

「温泉県」としても有名な大分県は、別府市と湯布院が温泉の名地となっています。

温泉地としての歴史がとても古く、別府市へ訪れた人はすぐに硫黄の匂いに気づくはずです。

別府駅からほど近い場所に何軒もの温泉施設が点在しており、多くの温泉を知り尽くしている、”温泉ソムリエ”と呼ばれる人までいるくらいです。

※大分県に関連する記事はこちら

佐賀県

筆者の地元でもある佐賀県は、広大な有明海の干潟と雄大な山々に囲まれた、とてものどかな場所です。

47都道府県の中では、ワースト3に入るくらいの知名度の低さですが、何もない佐賀県だからこそ新しい発見があるかもしれませんね。

また、おすすめの観光スポットとしては、干潟体験ができる道の駅”鹿島”をご紹介しておきます。

新鮮な牡蠣やサザエなどを食べることができますので、是非とも行ってみてください。

※佐賀県に関連する記事はこちら

長崎県

俳優 福山雅治さんの出身地としても有名な長崎県は、多くのエリアが海に面しており、長崎市内では多数の船を見学することができます。

長崎は他の都道府県とは違った雰囲気を持つ場所であり、市内には西洋を思わせるような建物が多く存在しています。

また、1月中旬ごろになると毎年「長崎ランタンフェスティバル」が長崎市内で開催されており、その時期には多くのランタンが市内に飾られるため、とても風情を感じられます。

熊本県

熊本地震から数年が経ち、今は立派に再建している熊本城は、是非とも一度見てほしいところです。

熊本県では馬刺しがとても有名であり、市内では新鮮な馬刺しを堪能することができます。

その他、熊本ラーメンなどもおすすめです。

また、ゆるキャラの代表格でもある「くまモン」は、誰もが知る有名人と言っても過言ではないでしょう。

たくま

熊本には全国で3番目に高いバンジージャンプの名所があるから、興味がある人は行ってみて!

レオ

飛んだ時は、死ぬほど怖かったような顔をしてたよね。

宮崎県

マンゴーの名産地として有名な宮崎県は、九州の中では沖縄に近いような南国の雰囲気を味わうことができます。

その他、宮崎ではチキン南蛮も有名です。

市内にはヤシの木が多く植えられており、自然がとても豊かでゆっくりとした時間が流れています。

また、おすすめの観光スポットとしては、世界で唯一の完全復刻モアイ像を見ることができる、「サンメッセ日南」をご紹介しておきます。

鹿児島県

西郷隆盛の出身地として有名な、鹿児島県では今もなお桜島に活火山が存在しており、鹿児島のシンボルにもなっています。

鹿児島には奄美大島などもあり、大変海が綺麗なスポットが多いのも特徴的です。

また、おすすめのグルメとしては、鹿児島名物「黒豚ラーメン」をご紹介しておきます。

※鹿児島県に関連する記事はこちら

沖縄県

ご紹介するまでもなく誰もが高い確率で行ったことがあるであろう、沖縄県は他の都道府県とは違った南国気分を存分に味わうことができます。

実際に筆者もスキューバーダイビングを行ったり、レンタカーを借りて沖縄本島を友人と一緒に回ったりと、さまざまな遊びを堪能しました。

食べ物もとても美味しく自然も大変豊かなので、心から癒されること間違いなしです。

まとめ:47都道府県を旅行してみての感想・費用総額【発表】

テキスト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください