九州男児(管理者)のプロフィール
WORK

【元自が語る】自衛官から警察官への転職はおすすめしない!

こんにちは、元自衛隊のTAKUMA(@TAKUMA43330075)です。

自衛隊から、警察官へ転職を考えている人が多いようですが、正直タイトルにもある通りお勧めしませんね。

その理由は、以下です。

  • 自衛官より採用試験が難しい
  • 拘束時間は対して自衛隊と変わらない
  • 給料は自衛隊よりは良いが大した差はない
  • 基本的に、副業が禁止されているから(自衛官も同じ)
  • 面白くないから!

警察官と自衛官を比べると、給料と休暇・拘束時間の面では警察官がいいようですね。

しかし、警察官は自衛官と同じく採用試験があるため、また試験のために勉学に励まなければなりません。

しかも、採用試験は自衛隊試験よりも難しく倍率も都道府県によっては10倍のところもあるぐらいですよ。

そして、一番の理由は「面白くないから!」これにつきますね。マジで。

今回は、このように自衛官から警察官へ転職を考えている人を思い止まらせるために、その理由について詳しく解説していきます。

TAKUMA
TAKUMA
警察官になるぐらいだったら、バイトしながら副業して新しいスキル身につけた方がよっぽど良いよ。

 

レオくん
レオくん
仕事は、一生の付き合いだから慎重に正しい方を選ぶべきだね。

 

そもそも自衛官から警察官へ転職は可能か?

自衛官から、警察官への転職は可能です。

実際に、自衛官と警察官の仕事を詳しく比較してみると、以下のようになりますね。

出典:自衛隊転職広報室

前述しました通り、警察官の採用に関しては採用試験を各都道府県で受けなければならず、その倍率は7〜10倍と言われています。

また、自衛官は「国家公務員」ですが警察官になると「地方公務員」と同じ公務員でもカテゴリーが変わってきますよ。

その違いについては、以下の記事でご紹介してますのでここでは説明を割愛しますが、それほど警察官になるのは自衛官になるより難しいですよ。

また、実際には上の比較表を見てもらったらお分かりいたけますが、自衛官よりも警察官が条件は良いんです。

しかし、警察官の内部事情については詳しく知らないのでなんとも言えませんが、自衛隊は入隊後の職種で多忙かそうでないかが著しく変わってきますので、個人的に(どちらか選べ!)と言われたら自衛隊を選びますね。

自衛官から警察官へ転職をおすすめしない理由

  • 自衛官より採用試験が難しい
  • 拘束時間は対して自衛隊と変わらない
  • 給料は自衛隊よりは良いが大した差はない
  • 基本的に、副業が禁止されているから(自衛官も同じ)
  • 面白くないから!

自衛官から、警察官への転職はマジで辞めた方がいいです。

そもそも、公務員という職業は副業が禁止されており、専門職が多いため辞めた後の潰しがあまり効かないんですね。

18歳から、自衛隊にお金を貯めるために数年入隊するならまだしも、自衛官から警察官に転職するのはちょっと意味が分かりません。

仮に、安定した職に就きたいからという理由なら、一般企業でもある程度は安定した生活が送れると思いますよ。

給料的にはあまり変わりませんし、もちろん会社によりますが、よっぽどそっちの方がスキルも身について良いかもしれません。

TAKUMA
TAKUMA
会社員も賛否両論ですが、目的がしっかりとしているとやる気も出て、仕事に取り組むモチベーションも上がりますよね。

 

レオくん
レオくん
以外に、公務員はぶら下っているだけの人が多いからね。

 

自衛官が転職するなら一般企業がまだいい

個人的に、おすすめするならIT系の会社に入ってweb系のスキル(WebライティングやWebデザイン、プログラミングなど)を身につけて、数年後には独立できるように将来設計を立てた方がいいと思います。

これが、警察官だと安定はしているもののぶっちゃけ楽しくないですよ。

自身で稼ぐスキルは身につきませんし、毎月決まった額しか給料が貰えませんし、もし転職した後に職場配置されたところの上司が嫌なやつだったらどうしますか?

一般企業なら、すぐにでもまた転職という手を打てますが、警察官に一度なるとそう簡単には行きませんからね。

TAKUMA
TAKUMA
公務員は、退職するのにも膨大な時間と手間がかかるから面倒だよね。

 

自衛官におすすめする転職サイト!

警察官という選択が必ずしも、ダメなわけではありませんが人生はあなたが予想している以上に長いので視野を広く持って、他の自分にあった就職先を探してみましょう。

以下に、自衛官にお勧めできる転職サービスサイトを3つランキング形式であげていますので、自分にあったサービスを選んで探してみて下さい。

きっと、あなたにあった就職先が見つかると思いますよ。

レオくん
レオくん
多くの職業があるから、自分にあったものを選ぶのは手間がかかる…しかし、以下の転職サイトにはキャリアサポートしてくれるプロがいるから安心だよ。

 

ウズキャリ1位
忙しい自衛隊の仕事をしている合間に、外に外出して就職活動する時間なんてありませんよね。そんな方のために、ネットで就職先が探せるサイトです。内定率が大変高いため、多くの方に人気の転職サイトですね。
総合評価
内定率の高さ
仕事の探しやすさ
利用者の数

公式ページ

ハタラクティブ2位
ハタラクティブは東京、神奈川、埼玉、千葉でしかサービスを展開していないのですが、私が一番お勧めする「IT系」の仕事に就きたい方には大変便利な転職サイトです。
総合評価
内定率の高さ
仕事の探しやすさ
利用者の数

公式ページ

第二新卒エージェントneo3位
neoと言えば、第二新卒者向けにサービス展開している会社です。登録から面談まで親切丁寧にこれからの将来設計について、相談にのってもらえますよ。また、安心感と安定感は今回ご紹介した中では一番です。
総合評価
内定率の高さ
仕事の探しやすさ
利用者の数

公式ページ

まとめ:自衛官から警察官への転職はおすすめしない!

国の調べによると、日本人の親の20%が子供に公務員になって欲しいと願っているようです。

その理由は、安定している職について欲しいという親心からきているんでしょうね。

しかし、公務員とは安定しているようで実は潰しが効かない職業の一つであり、どの職業よりも制約が厳しいです。

良いところばかりに目が行きがちですが、しっかりとデメリットにも目を向けて判断して下さいね。

TAKUMA
TAKUMA
人生100年時代。自分のやりたいことにどんどんチャレンジして行こう!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください